タグ:Windows ( 10 ) タグの人気記事

e87.com(千趣会イイハナ) 花を贈るなら日比谷花壇

Outlookの文字化けメッセージのデコード

---------------------------
ClamWin Free Antivirus
---------------------------
(-2147352567, '\x97\xe1\x8aO\x82\xaa\x94\xad\x90\xb6\x82\xb5\x82\xdc\x82\xb5\x82\xbd\x81B',
(4096, 'Microsoft Outlook',
'\x93Y\x95t\x83t\x83@\x83C\x83\x8b\x82\xf0\x95\xdb\x91\xb6\x82\xc5\x82\xab\x82\xdc\x82\xb9\x82\xf1\x81B \x82\xb1\x82\xcc\x91\x80\x8d\xec\x82\xf0\x8ds\x82\xa4\x82\xbd\x82\xdf\x82\xc9\x95K\x97v\x82\xc8\x83A\x83N\x83Z\x83X\x8c\xa0\x82\xaa\x82\xa0\x82\xe8\x82\xdc\x82\xb9\x82\xf1\x81B', None, 0, -2147024891), None)
---------------------------
OK
---------------------------

Outlook でメールを開こうとしたら、上記の文字化けのエラーメッセージが表示されて、何かと思ってバイナリエディタで解読してみました。
したら、以下の内容になりました。

'\x97\xe1\x8aO\x82\xaa\x94\xad\x90\xb6\x82\xb5\x82\xdc\x82\xb5\x82\xbd\x81B'
= 例外が発生しました。

'\x93Y\x95t\x83t\x83@\x83C\x83\x8b\x82\xf0\x95\xdb\x91\xb6\x82\xc5\x82\xab\x82\xdc\x82\xb9\x82\xf1\x81B \x82\xb1\x82\xcc\x91\x80\x8d\xec\x82\xf0\x8ds\x82\xa4\x82\xbd\x82\xdf\x82\xc9\x95K\x97v\x82\xc8\x83A\x83N\x83Z\x83X\x8c\xa0\x82\xaa\x82\xa0\x82\xe8\x82\xdc\x82\xb9\x82\xf1\x81B'
= 添付ファイルを保存できません。この操作を行うために必要なアクセス権がありません。

最近、テスト目的でClamWinをインストールしたのですが、ClamWinは、Outlookと一緒に働いている事を知りました(笑)
[PR]
by isoq | 2016-02-15 10:50 | コンピュータ
e87.com(千趣会イイハナ) 花を贈るなら日比谷花壇

MFCをまねしたちょこっとした便利マクロ

MFCをまねしたちょこっとした便利マクロ


#include <tchar.h>
#define TRACE(str, ...) \
{ \
    TCHAR c[256]; \
    _stprintf( c, str, __VA_ARGS__ ); \
    OutputDebugString( c ); \
}

[PR]
by isoq | 2013-10-22 16:03 | C/C++/Win32
e87.com(千趣会イイハナ) 花を贈るなら日比谷花壇

GUI プログラムでコンソールを使用する(標準出力) -簡易版-

GUI プログラムでコンソールを使用する(標準出力) を簡単にすると、こんな感じ。


AllocConsole();
freopen 括弧はじめ "CON", "w", stdout); // 標準出力の割り当て
_tsetlocale(LC_ALL, _T("Japanese"));


setlocale() を行わないと、Unicode 環境で Unicode をコンソールに出力したときに、
ASCII以外の文字が表示されない・・・
つまり、日本語、漢字が表示できない。

つまらないところで、つまずいてしまい、調べるのに時間が掛かってしまった。。。
[PR]
by isoq | 2011-12-09 15:20 | C/C++/Win32
e87.com(千趣会イイハナ) 花を贈るなら日比谷花壇

ママ専用PC購入! SonyのノートがフルHD+Core i5+Radeonで 6万円台!国内メーカーで一番のコスパ。

↓ これ買いました! 国内メーカー製ノートパソコンで、一番のコスパと思う。

↓ しかも、ピンク! 超お気に入りみたいです。
↓ (そこだけは外せないらしい・・・)


ソニーストア

追記:

BTOで、

15.5インチのフルHD液晶に変えて、

Core i3 -> Core i5 に変えて、

AMD Radeon HD 付きで、

6万円台中盤で買えました!

3年保証もついているので、安心だし。

今回は、安くあげるために、

メモリ 2GB
HDD 320GB
光学ドライブ DVD±RW
オフィス なし

に押さえました。

メモリは、上海問屋で 8GB(DDR3-1333 SODIMM 4GBx2)が 3,000円だし、

HDDは、足りなくなったら、USB3.0の外付けつければいいし、

ブルーレイも外付けが安くなってからでいいし、

オフィスは、別に買ってあるし、無くても Open Office でも事足りるし。


フルHD液晶が選べるだけでもすごい事だけど、

フルHD液晶を選んで、6万円台なんて、台湾メーカーもびっくりの価格帯です!

久しぶりに、いい買い物ができました。
[PR]
by isoq | 2011-11-15 21:21 | コンピュータ
e87.com(千趣会イイハナ) 花を贈るなら日比谷花壇

Visual Studio 2010

いままで、敬遠していた Visual Studio 2010 ですが、

使い始めてみると、今までのVSに戻れなくなりそうなほど、

かなり便利です・・・

やばすw

SP1が出て、

動作もきびきびし始めたみたいだし。

これは・・・

はまりそう。
[PR]
by isoq | 2011-10-27 23:40 | 開発日記
e87.com(千趣会イイハナ) 花を贈るなら日比谷花壇

便利なPath系Win32API関数

パスの連結など、便利に利用できる Path*** 関数が Win32API に用意されています。
この関数の名前 Path*** というのを、すぐに忘れてしまうので、メモ。
(主に、自分のブログを検索した時に引っかかるように。)


Shell Path Handling Functions

--------------------------------------------------------------------------------
This section describes the Microsoft Windows Shell path handling functions. The programming elements explained in this documentation are exported by Shlwapi.dll and defined in Shlwapi.h and Shlwapi.lib.


PathAddBackslash
Adds a backslash to the end of a string to create the correct syntax for a path. If the source path already has a trailing backslash, no backslash will be added.
パスの最後に、\ 記号を追加。

PathAddExtension
Adds a file extension to a path string.
パスの最後に、拡張子を追加。

PathAppend
Appends one path to the end of another.
他のパスの後ろに、パスを追加。
例: c:\test1\test2 + test3 = c:\test1\test2\test3
相対パス非対応

PathBuildRoot
Creates a root path from a given drive number.

PathCanonicalize
Canonicalizes a path.

PathCombine
Concatenates two strings that represent properly formed paths into one path; also concatenates any relative path pieces.
フォルダ名とファイル名を連結。

PathCommonPrefix
Compares two paths to determine if they share a common prefix. A prefix is one of these types: "C:\\", ".", "..", "..\\".

PathCompactPath
Truncates a file path to fit within a given pixel width by replacing path components with ellipses.

PathCompactPathEx
Truncates a path to fit within a certain number of characters by replacing path components with ellipses.

PathCreateFromUrl
Converts a file URL to a Microsoft MS-DOS path.

PathCreateFromUrlAlloc
Creates a path from a file URL.

PathFileExists
Determines whether a path to a file system object such as a file or directory is valid.

PathFindExtension
Searches a path for an extension.

PathFindFileName
Searches a path for a file name.

PathFindNextComponent
Parses a path for the next path component.

PathFindOnPath
Searches for a file.

PathFindSuffixArray
Determines whether a given file name has one of a list of suffixes.

PathGetArgs
Finds the command line arguments within a given path.

PathGetCharType
Determines the type of character in relation to a path.

PathGetDriveNumber
Searches a path for a drive letter within the range of 'A' to 'Z' and returns the corresponding drive number.

PathIsContentType
Determines if a file's registered content type matches the specified content type. This function obtains the content type for the specified file type and compares that string with the pszContentType. The comparison is not case-sensitive.

PathIsDirectory
Verifies that a path is a valid directory.

PathIsDirectoryEmpty
Determines whether a specified path is an empty directory.

PathIsFileSpec
Searches a path for any path-delimiting characters (for example, ':' or '\' ). If there are no path-delimiting characters present, the path is considered to be a File Spec path.

PathIsHTMLFile
Determines if a file is an HTML file. The determination is made based on the content type that is registered for the file's extension.

PathIsLFNFileSpec
Determines whether a file name is in long format.

PathIsNetworkPath
Determines whether a path string represents a network resource.

PathIsPrefix
Searches a path to determine if it contains a valid prefix of the type passed by pszPrefix. A prefix is one of these types: "C:\\", ".", "..", "..\\".

PathIsRelative
Searches a path and determines if it is relative.

PathIsRoot
Parses a path to determine if it is a directory root.

PathIsSameRoot
Compares two paths to determine if they have a common root component.

PathIsSystemFolder
Determines if an existing folder contains the attributes that make it a system folder. Alternately, this function indicates if certain attributes qualify a folder to be a system folder.

PathIsUNC
Determines if the string is a valid Universal Naming Convention (UNC) for a server and share path.

PathIsUNCServer
Determines if a string is a valid UNC for a server path only.

PathIsUNCServerShare
Determines if a string is a valid UNC share path, \\ server\ share.

PathIsURL
Tests a given string to determine if it conforms to a valid URL format.

PathMakePretty
Converts a path to all lowercase characters to give the path a consistent appearance.

PathMakeSystemFolder
Gives an existing folder the proper attributes to become a system folder.

PathMatchSpec
Searches a string using a MS-DOS wild card match type.

PathMatchSpecEx
Searches a string using a MS-DOS wild card match type and a flag.

PathParseIconLocation
Parses a file location string containing a file location and icon index, and returns separate values.

PathQuoteSpaces
Searches a path for spaces. If spaces are found, the entire path is enclosed in quotation marks.

PathRelativePathTo
Creates a relative path from one file or folder to another.

PathRemoveArgs
Removes any arguments from a given path.

PathRemoveBackslash
Removes the trailing backslash from a given path.

PathRemoveBlanks
Removes all leading and trailing spaces from a string.

PathRemoveExtension
Removes the file extension from a path, if one is present.

PathRemoveFileSpec
Removes the trailing file name and backslash from a path, if they are present.

PathRenameExtension
Replaces the extension of a file name with a new extension. If the file name does not contain an extension, the extension will be attached to the end of the string.

PathSearchAndQualify
Determines if a given path is correctly formatted and fully qualified.

PathSetDlgItemPath
Sets the text of a child control in a window or dialog box, using PathCompactPath to ensure the path fits in the control.

PathSkipRoot
Parses a path, ignoring the drive letter or UNC server/share path parts.

PathStripPath
Removes the path portion of a fully qualified path and file.

PathStripToRoot
Removes all parts of the path except for the root information.

PathUndecorate
Removes the decoration from a path string.

PathUnExpandEnvStrings
Rreplaces several folder names in a fully qualified path with their associated environment string.

PathUnmakeSystemFolder
Removes the attributes from a folder that make it a system folder. This folder must actually exist in the file system.

PathUnquoteSpaces
Removes quotes from the beginning and end of a path.

SHSkipJunction
Checks a bind context to see if it is safe to bind to a particular component object.

UrlApplyScheme
Determines a scheme for a specified URL string, and returns a string with an appropriate prefix.

UrlCanonicalize
Converts a URL string into canonical form.

UrlCombine
When provided with a relative URL and its base, returns a URL in canonical form.

UrlCompare
Makes a case-sensitive comparison of two URL strings.

UrlCreateFromPath
Converts a MS-DOS path to a canonicalized URL.

UrlEscape
Converts characters in a URL that might be altered during transport across the Internet ("unsafe" characters) into their corresponding escape sequences.

UrlEscapeSpaces
A macro that converts space characters into their corresponding escape sequence.

UrlFixupW
Attempts to correct a URL whose protocol identifier is incorrect. For example, htttp will be changed to http. Priority is given to the first character in the protocol identifier section so htp will be converted to http instead of ftp.

UrlGetLocation
Retrieves the location from a URL.

UrlGetPart
Accepts a URL string and returns a specified part of that URL.

UrlHash
Hashes a URL string.

UrlIs
Tests whether or not a URL is a specified type.

UrlIsFileUrl
Tests a URL to determine if it is a file URL.

UrlIsNoHistory
Returns whether a URL is a No History URL.

UrlIsOpaque
Returns whether a URL is opaque.

UrlUnescape
Converts escape sequences back into ordinary characters.

UrlUnescapeInPlace
Converts escape sequences back into ordinary characters and overwrites the original string.
[PR]
by isoq | 2010-07-05 14:03 | 開発日記
e87.com(千趣会イイハナ) 花を贈るなら日比谷花壇

CD起動できるフリーアンチウィルスLive CD(Kaspersky Rescue Disk - Free Available Anti-Virus... 改め)

シマンテックストア


Kaspersky Rescue Disk - Free Available Anti-Virus on Live CD

はやりのUSBウィルスに感染したPCで駆除のテスト中。。。


-その後-

格闘の末、Live CDを使用したLinuxからのフリーアンチウィルスでは、
トロイの木馬を見つけてくれませんでした。。。。

悲しい、、、

試したのは、
Dr. Web LiveCD
Kaspersky Rescue Disk
Avira Antivir Rescue Disk

ほかにも、
G Data AntiVirus Emergency System 2010 - LiveCD ← 配布元が怪しげ
F-Secure Rescue CD
BitDefender Rescue CD

など、結構いろいろな種類があるそうです。
ありがたいことですが、今のところ全滅。

Aviraは1つだけ見つけて削除してくれましたが、
Windowsを再起動すると、他に潜んでいたVirus本体が
また同じファイルを作成。。。だめでした。

こうなったら、他のPCの横まで感染PCを運んで、
PCの箱を開けて、電源とHDDを他のPCにつなぎ、
そこでドライブごとアンチウィルス掛けるしかないですかね。。。

以前はその方法で、たぶん今回とは別種のUSB経由ワームを
駆除したことがありました。

手間がかかるなぁ~~~


アンチウィルスソフトへのリンク
Kaspersky Anti-Virus for Mac + Kaspersky Internet Security 2010 for Windows ¥7880
ESET NOD32アンチウイルス V4.0 ¥3540
Norton AntiVirus 2010 スモールオフィスパック 10ユーザー 10クライアント ¥12850
Norton AntiVirus 2010 初回限定版 ¥4979
ノートン インターネット セキュリティ 2010 ¥6480
Trend アンチウイルス+スパイウェア(SP1) ¥2970
アンチウイルスプラス 2010
マカフィー アンチウイルスプラス 2010 ¥3480

アンチウィルス関連書籍へのリンク
安全便利なEメール・システムの作り方 「Sendmail」「Qpopper」「Procmail」「ClamAV」を中心に
書籍/ファイアウォールとアンチウイルスの設定がわかる本。 Inforest Mook
超カンタン!無料アンチウイルスソフト WindowsもLinuxも無料で守る!
ファイアウォールとアンチウイルスの設定がわかる本。 初心者のための安全環境構築マニュアル
[PR]
by isoq | 2010-02-26 13:24 | コンピュータ
e87.com(千趣会イイハナ) 花を贈るなら日比谷花壇

メモ:ファイルとフォルダの検索にWindows サーチを使わないようにする

デル株式会社

Windows Search 4.0をインストールすると、OfficeやPDF、メールなどいろいろなファイルの内容までも一括で検索できて便利!
かと思いきや、ファイルを探したいのに、内容でしか検索できないUIがファイル検索のデフォルトになってしまうと言うバグがあるため、つかえねーーーーー
(これは、別アプリケーションにすべきだったね。)

これを、今までの検索コンパニオンを戻す方法。


レジストリエディタから、
HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows Desktop Search\DS
を開き、
ShowStartSearchBandの値を0に設定する。

これだけで、次からは検索コンパニオンが表示されるようになる。
[PR]
by isoq | 2010-01-27 15:45 | コンピュータ
e87.com(千趣会イイハナ) 花を贈るなら日比谷花壇

Netbookは投げ売りらしいです


2009年クリスマスギフトの主役はKindle──Netbookは投げ売り - ITmedia +D PC USER
11月に入ると、ブラックフライデーに向けて新聞、テレビ、オンラインなどで、セールの広告が白熱してくる。ここで、各ショップが力を入れて宣伝 するのは「Door Busters」と呼ばれる、先着○人限定の特価品だ。2009年のDoor Bustersでは、小売り大手の「Walmart」が50型の三洋電機製プラズマテレビを598ドル、MagnavoxのBlu-rayプレーヤーを 78ドルで売り出した。家電量販店大手の「BEST BUY」は、1店舗につき5台限定でCeleron搭載のヒューレット・パッカード(HP)製のノートPC「HP G60-507DX」を、たったの197ドルで販売した。1ドル90円としても1万7730円だ。

アメリカでも、『先着○○限り』が好調なようですね。
深夜販売もやっているらしいです。

HPのノートPCが2万円を大きく割り込む先着○○限りも、
日本同様、なかなかすごいものがあります。

ネットブックは、Windows 7が出て、ほとんどの製品がリニューアルしていますが、
ハードはそのままで、OSだけWindows 7 Starterに変わった製品も多いですね。

そして、Windows XPモデル(つまり売れ残り)は、かなりの破格で
たたき売りされているのが現状ではないでしょうか。

すでに、今までなら、イーモバイル抜きには考えられなかったような、
あり得ない破格で、ネットブックが投げ売られています。

一例を挙げると、、、

HPの Mini 2140 は、
Atom N270 1.60GHz
Windows XP Home
1GB\160GB
1024x576
802.11b/g
スタンダードモデル(4.5時間駆動)で、 ¥26,990
大容量バッテリ搭載(9時間駆動)で、¥29,990
で販売されています。
(販売元 Genoはこちら

DELLのInspiron Mini 12 は、
Windows XP Home
Atom Z520 1.33GHz
1280x800
1GB\60GB
802.11b/g
が、¥29,980 で販売されています。
(販売元 デルはこちら

こうなってくると、年末商戦の 『先着○○限り』では、
どんな価格が出てくるのか、非常に興味がありますね。

世界的に見ても、Windows Vista と Netbook による、
PC価格・売り上げ高の低迷で、どこのメーカーも火の車でしょうけど(私見ですが)、

他社の買われるくらいなら、、、
余らすくらいなら、、、
投げ売ってしまえぇ~!
って勢いですね。

、、、それがまた、7搭載ノートの売り上げに響いたりして、、、

デフレスパイラルまっただ中ですね。
ジーンズや弁当・液晶テレビなどという特定分野だけのことじゃなく、
世界的な価格破壊・経済崩壊が進んでいく気配は隠せませんね。。。

今後、どうなっていくのか、、、

何はともあれ、とりあえずは、破格になったNetbookを激安入手してから
考えましょう。

【参考リンク】
HP Mini 2140 ¥26,990~ Geno
DELL Inspiron Mini 12 ¥29,980 デル




[PR]
by isoq | 2009-12-11 02:12 | コンピュータ
e87.com(千趣会イイハナ) 花を贈るなら日比谷花壇

アイオーデータのマッハドライブで、HDDを超快適にしてしまおうか。。。


最近、大容量化して、あまりに余ったメモリをディスクキャッシュとして利用して、
ディスクアクセスを超高速にしてしまおうというディスクキャッシュソフト。

つまり、ハイブリッドHDDをソフトでやっちゃおう!という製品。

それが、 IO-DATA の マッハドライブ です。

SSDのみではなく、HDDにも使える。

利点は、
・HDD書き込み時間が超時短
・キャッシュ効果で読み込みも超短縮の可能性大
・SSDなら、書き換えが押さえられて延命化に
・とにかく快適

実は、Windows OSにも、元々ディスクキャッシュ機能はあって、
書き込みや読み込みをキャッシュすることで高速化が図られているんだけど、
それをさらに大容量にして、昨今のデータの大容量化に対応できる
高速性能を実現しているんですね。

これで、超快速PCにしたいな~~~~

ちなみに、64bit版応の Windows7 への対応版は、
12月下旬にリリース予定で、購入済みの場合は無償アップデート予定だそうです。

ダウンロード版で、¥2,480 かぁ~

64ビットWindows 7のAspire 1410にも、12月にはインストールできるようになるみたいだし、

安いから、買っちゃおうかな。。。

とりあえず、自宅の32ビットOS用に使ってみようかな。。。

そうしよっ♪ (^^)

ちなみに、IODATA製のSSDを買うと、おまけで付いている
って噂を聞いたのですが、本当かな???


-追記-
PC Watchより引用:
 東芝製2.5インチSSDを採用した「SSDN-STH」シリーズ(12月中旬出荷)の購入者は
 無償ダウンロードできる。
 SSD単体(ソフト無し)で発売中の「SSDN-STB」シリーズは対象外。

だそうです。
東芝製2.5インチSSD搭載のPCを購入した場合に付いているとのこと。
がっかり。


SSDN-STH シリーズ の SSDを購入すると、無償ダウンロードできるようです。

ダウンロードの際には、SSDのシリアル番号が必要なので、
PC本体に内蔵する前に、シリアル番号を控えておきましょう♪
[PR]
by isoq | 2009-12-02 02:30 | コンピュータ
e87.com(千趣会イイハナ) 花を贈るなら日比谷花壇