タグ:Windows 7 ( 16 ) タグの人気記事

e87.com(千趣会イイハナ) 花を贈るなら日比谷花壇

Windows x64 環境向けアプリが 0xc000007b エラーで起動しない

原因は、いろいろあるかと思いますが、私の場合は、一部のDLLが32ビット版でした。

すべて64ビット版であることを再確認して、実行したところ、正しく動きました。

サードパーティ製のDLLなど、32ビットか64ビットか、わかりにくいことがありますね。

それではまりました。

aaa.dll と aaa.x64 というファイルがあって、 aaa.x64 を aaa.dll に改名して使ってみたところ、動きました。

どちらも、 x64 フォルダに入っていたんだけど、、、
ドキュメントに書いてあったか???


(2013-12-03 追記 ここから) ----------

旧VisualStudio(2003/7.1)からの更新版プロジェクトで、*.manifestファイルが含まれる場合、ファイル内にprocessorArchitecture="X86" 等の記述があり、ビルド時にそのまま埋め込まれるため、プラットフォームをX64でビルドすると、0xc000007b エラーのために起動不能になっていた。
単純に VisualStudio 2008/2010等のプロジェクトから*.manifestファイルを削除することで解決。

---------- (2013-12-03 追記 ここまで)
[PR]
by isoq | 2011-12-07 20:11 | C/C++/Win32
e87.com(千趣会イイハナ) 花を贈るなら日比谷花壇

INSPIRON 700m の Intel 855gm Integrated Graphics が、Windows 7 で動いた!

Windows 7が出てから、念願だったことが叶いました。

以前から使用していた DELL INSPIRON 700m にWindows 7 を

入れたかったのです。

が、

今までは、OS自体は入るものの、グラフィックドライバが入らないため、

1280x800のディスプレイに 1024x768 という中途半端な

解像度でしか映すことができず、

1年以上あきらめていました。

今日、改めて検査くを行ったところ、

次のページで、方法を見つけ、無事 1280x800 で表示できました。

Install 8XXGM Series Video Driver on Windows 7 - Tutorial
Tested with 855GM Chipset
By Lexxion


簡単に言うと、

① サイトからドライバーをダウンロード
② 変なドライバーを入れていたら、デバイスマネージャから削除して再起動。
③ 管理者コマンドプロンプトから次のコマンドを実行
> takeown /f c:\windows\system32\drivers\vgapnp.sys
> cacls c:\windows\system32\drivers\vgapnp.sys /G peter:F
④ c:\windows\system32\drivers\vgapnp.sys ファイルをメモ帳で開き、
  最初に x を入れて、xMZ... のように改変する。
⑤ デバイスマネージャで、標準VGAアダプタのドライバを削除 再起動する。
⑥ デバイスマネージャから標準VGAアダプタのドライバを更新
  ①でダウンロードしたドライバをインストール
⑦ 再起動
⑧ できた!

私の場合、 ⑦の再起動を行う時点で、画面が真っ黒になって、
何が表示されているかわからない状態になりました。
でも、YとかEnterとか押していたら、再起動が掛かり、
再起動が終わると、1280x800で出てました!

これで、このPCも長持ちさせられる v(^^)v
[PR]
by isoq | 2011-08-13 23:50 | コンピュータ
e87.com(千趣会イイハナ) 花を贈るなら日比谷花壇

Real Rocket Size PC (おもち帰りできません。発射します。)



富士通のモバイルPC、FMV-BIBLO LOOX U/G90(ヴィンテージゴールド)

"Real Pocket Size PC" というキャッチコピーを最初に目にしたとき、

"Real Rocket Size PC" と読めてしまったため、びっくりしました (^^;)

どうやって持ち帰るのか?
それとも、リモート接続で使うのか???
配送しても、無事か???

と、いろいろ心配してしまいました。

実は、Pocket だったんですね。

これ、SONYの無理矢理ポケットに突っ込んだPCよりも、
かなり小さく、本当にポケットに収まりそうな感じです。

Windows XPとWindows 7 Home Premium が選べるのも気が利いています。
Windows 7 Starterは、だめだって噂なので、、、

モニタは、5.6 型ワイドTFT カラーの1280×800 ドット。
一番使いやすい解像度ですね。
縦が800無いと、実際の作業ではきついです。
モニタが小さいので、これ以上高解像度も厳しいです。

Lバッテリで7.5時間駆動。
JEITA 測定法1.0に則った時間だから、
最低輝度で、省電力設定で動かせば10時間くらい
駆動できそうな感じ。

しかも、ボタンも押しやすそうな感じだし、
持った感じもちょっと横長のDSみたい。

電車などで、両手親指を使って打つPCとしては、
かなりいい感じではないでしょうか。
ネットブックが小さいといっても、
普通に5本指でキーボードを打つように設計されているから、
通常のネットブックじゃ、こうはいかない。

プロセッサはATOMだけど、2GHzまで選べる。
ATOMは弱い(Pentium Mと同等か?)だけに、
クロックは、できるだけ高いものを選びたい。

ディスクは、SSDのみらしい。
SSDだと、書き換え回数の上限はちょっと心配だけど、
物理的な衝撃には強い。
手持ちでラフに扱っても、大丈夫なところは、安心感がある。
HDDは、以外と衝撃に弱く、タイミング次第では、
ちょっと本体をずらしたり、置いたりしただけで、
クラッシュしてしまうこともある。
HDDは、本当に衝撃に弱いです。

にしても、この Pocket Size PC は魅力的。
老舗のTOSHIBAが最近このクラスを出さないのが、
ちょっと寂しいです。
[PR]
by isoq | 2010-02-13 01:20 | コンピュータ
e87.com(千趣会イイハナ) 花を贈るなら日比谷花壇

Windows XP のブルースクリーンを解消

ユナイテッド・シネマ 最新映画を自動更新でご紹介!

Aspire 1410 のOSを入れ替えました。
Windows XP と Windows 7 のデュアルブート環境を構築しました。

理由は、このPCを出先での開発・修正にも使うのですが、
古いプロジェクトもあって、Visual Studio 6.0 と
Visual Studio .NET 2003 を使う必要があるのですが、
64ビット版のWindows 7では、それらの動作が怪しいからです。

Aspire 1410のHDDを真っ新にしてから、
まず、Windows XPをインストール。
そのあと、Windows 7をインストール。
Windows 7は、Windows XP上からインストールしてしまうと、
ドライブレターがWindows XP上のものになってしまうので、
DVDから起動してインストールしました。
(その場合、Windows 7もドライブレターがC:になる。)

で、あらかじめAcronis True Imageで作成しておいた
ドライブイメージから、必要なファイルを復元しようと思ったのですが、
Windows XP上でイメージファイルをドライブとしてマウントして、
fastcopyでコピーを始めた途端、ブルースクリーンで落ちてしまいました。
原因は、たぶん、Acronis のマウント用の仮想HDDドライバ(?)と
IODATAのマッハドライブのドライバのコンフリクトだと思います。

それ以後、Windows XPが起動不能になってしまいました。
起動時のOS選択後、すぐにブルースクリーン。
「前回正常起動時の構成」を選んでもNG。
セーフモード起動もNG。
セーフモード(コマンドプロンプト)もNG。
起動できなければ、システムの復元もできません。

なす術無しかと思われました。

Windows 7は、まともに動くので、いまさらXPを再インストールするのは嫌です。
ブートローダーがBCDからXPのものに戻ってしまうので、
BCDを再構成する必要もあり、面倒です。
何とか、XPを元に戻したい。

そこで、まず、Windows 7からXPのドライブをCHKDSKかけてみました。
いくつかのエラーが発生しました。
たぶん、いきなりブルースクリーンになったので、マッハドライブの
書き込み中に止まってしまい、記録状態が中途半端なものに
なってしまったのだと思います。

通常、WindowsのNTFSでは、ジャーナリングが働くため、
急なブルースクリーンの場合でも、滅多に書き込み途中の中途半端なデータが
ディスク上に残ってしまうことはありません。
書き込めたか・書き込めなかったか、ほぼ2択なのです。

が、マッハドライブは、そのジャーナリングファイルシステムとHDDの間で
キャッシングを行うことで、ジャーナリングを無意味にしてしまっているのではないか?
という疑問が発生しましたが、定かではありません。

ともあれ、たぶんシステムレジストリファイルが壊れたのだろう。
という単純な発想で、レジストリの復元に取り掛かりました。


XPでは、システムの復元を有効にしていたので、System Volume Information フォルダの
中に、きれいな時のレジストリが残っているはずだと考えました。

System Volume Information フォルダからレジストリファイルを探す

①フォルダオプションで、
  「隠しファイル、隠しフォルダー、および隠しドライブを表示する」をチェック。
  「保護されたオペレーティングシステム ファイルを表示しない()」をアンチェック。

②System Volume Informationフォルダのプロパティのセキュリティタブで、
  現在のWin7上のユーザーにアクセス権を与える。

③_restore{5F7302A2-FFD8-4C29-A75B-F530B62C8B8B} というフォルダを開く。
  このときも、アクセス権を与える必要がある。

④RP0 ~ RP26 のフォルダ。これが、たぶん復元ポイント。
  更新日時もそれっぽいし。
  一番新しいRP26を開いた。
  この時も、アクセス権を与える必要があり。

⑤snapshot フォルダを開く。

⑥ここに、_REGISTRY_MACHINE_SAM ~ _REGISTRY_MACHINE_SYSTEM の
  4つのレジストリファイルが見つかりました。
  この時点で、フルパスは、
   D:\System Volume Information\_restore{5F7302A2-FFD8-4C29-A75B-F530B62C8B8B}\RP26\snapshot

⑦これらをコピーして、\Windows\System32\config フォルダへコピー。

⑧\Windows\System32\config フォルダにもともとあった
  SAM SECURITY SOFTWARE SYSTEM
  の4つのレジストリファイルを別フォルダへ移動。

⑨先ほどコピーしたファイルを改名して _REGISTRY_MACHINE_ を取り除き、
  SAM SECURITY SOFTWARE SYSTEM
  というファイル名に変更する。

⑩再起動して、Windows XPで起動する。


この手順で、無事にWindows XPを復元して、起動できるようになりました。
ふぅ~~~~~
危ないところでした。

危うく、最初からインストールしなおしになるところでした。
危ない危ない。

Windows XPを使い始めて早6~7年経ちますが、
初めて「システムの復元」の恩恵に与った気がします (^^;)

あと、持つべきものは、デュアルブート環境です。
1つのOSがブルースクリーンで起動できなくなっても、
もう1つのOSで救済ができる。

特に、ノートPCなどで、出先で何とかしないといけない場合には、
必須ですね。

あと、マッハドライブの信頼性に疑問が生まれた出来事でした。
とはいっても、今後も使い続けますが、、、(^^;)
[PR]
by isoq | 2010-02-07 20:27 | コンピュータ
e87.com(千趣会イイハナ) 花を贈るなら日比谷花壇

マッハドライブ 64ビット対応版 使用報告。快適動作中です。

マッハドライブ Windows 7 64bit 対応版

Aspire 1410 のWindows 7 64ビット版で
快適に動作中です。

やっぱり、高速化機能がONの時と、OFFの時では、
ONの時の方が、きびきびと動く気がします。
特に、細かいファイル操作が多い、処理
(大量のWebブラウズ
 プログラムのビルド
 大量に溜まったメールボックスを開いたり閉じたり
 IME入力)
などで、OFFの時よりもかなり効いている気がします。

マッハドライブ
[PR]
by isoq | 2010-01-17 20:23 | コンピュータ
e87.com(千趣会イイハナ) 花を贈るなら日比谷花壇

マッハドライブ Windows 7 64bit 対応!12月22日リリースだそうです。

IO DATAのマッハドライブ買いました!システム全体が速くなった気がします♪

すでに購入済みで、Windows 7の32bit 版では、快適に動作中のマッハドライブですが、
64ビット対応版が、12月22日にリリースされるそうです。
もちろん、すでにご購入済みの人は、無償ダウンロードが出来ます。

Windows 7 32bit版にインストールして使用していますが、
「どの位速くなったか」は、ちょっと分かりませんが、
今までのもたつきは無くなっているみたいです。
というのも、待たされて、応答が遅くて、イライラすることが
少なくなりましたので。

きっと、アンインストールすると、ストレスがたまるんだろうなぁ~

私は、Aspire 1410/4GB RAM のCULVノートにインストール予定です。
このPCは、ノートのくせに64ビット版Windows 7プリインストールなのです。
1枚4GBのDDR2メモリモジュールを2枚搭載すれば、
最大8GBのメモリを搭載することが出来ます。
が、まだまだ4GBは、高めなので、2GB×2=4GBで我慢しています。

やはり、ディスクアクセスが頻発するようなビルド処理(プログラムのコンパイル)などは、
マッハドライブを使用すると、バッファリングの効果が効いて、
かなり速くなっている気がします。

。。。待ち遠しい。。。


【参考リンク】

ioPLAZA マッハドライブ 商品ページ
[PR]
by isoq | 2009-12-12 22:51 | コンピュータ
e87.com(千趣会イイハナ) 花を贈るなら日比谷花壇

IO DATAのマッハドライブ買いました!システム全体が速くなった気がします♪

アイオーデータのマッハドライブで、HDDを超快適にしてしまおうか。。。

↑ で購入を検討しながらも、躊躇していたマッハドライブですが、
とうとう購入を決意したが速いか、購入ボタンを押してました (^^;)

ダウンロード販売は、購入してすぐに使えるところが、とてもらくちんです。
購入後、マイページの購入履歴から、ダウンロード。

Windows XP と Windows 7で試してみましたが、
XPの方が、かなり効果があった気がします。

メモリが2GBの場合は、256MBまで、
メモリが4GBの場合は、512MBまで、
キャッシュの容量を増やすことが出来ます。

従来、ちょっと席を外て、PCを放置して、スクリーンセーバーが起動した後や、
たくさんのアプリケーションを起動して、切り替えながら操作する際などに、
メモリの内容がハードディスクの仮想メモリに追い出されてしまい、
次回ウインドウを表示したときに、カリカリと読み出すのに結構時間が
かかっていましたが、それが軽減されたような気がします。

何となく、システム全体が軽くなったような気がします。

いかんせん、主観的な感覚というのは、-方向への変化(悪化)には敏感ですが、
+方向への変化(改善)というのは、なかなか実感するのが難しいです。

数値で比較できるものならば簡単ですが、
このばあい、体感に頼るわけですが、
今までよりも、ちょっと速いとか、ちょっとストレスが解消されたとか、
結構以前の状態を思い出して比較するのは難しいです。

だから、おすすめする時の書き方も、

このソフトを利用すると、なんかシステムが速くなった気がしますよ!

という表現しかないような。。。

実際、CPUやメモリ、HDD自体の大幅なアップデートと違って、

  ・書き込みは有無を言わせぬ早さ
  ・キャッシュされたデータの読み込みは有無を言わせぬ早さ
  ・キャッシュされていないデータは、普段と同等、もしくはちょっと遅い。

という特性があるはずなので、
オールレンジで改善されるというものでもない。

先読みしているわけではないので、
起動時などは、新しいデータを読むわけだから、
それほど速くなるわけ無いだろうし。

効果があるとすると、起動後の細々したファイル操作、たとえば

  ・メーラーでメールボックス・メールを開く
  ・プログラムのコンパイル→ビルド(リンク)
  ・ブラウザでブラウジング中のキャッシュファイル参照
  ・細かいファイルで構成された大きなソフトを利用する時
  ・ファイルサーバーとして、裏で読み書きする時
  ・Webサーバーなどで、大量の細かいファイルへの大量アクセスを捌く時
  ・・・・

などの日常的(?)な操作では、かなり高速化が望めると思います。

私のPCも多分、かなり速くなってます。

あとは、12月末までには、x64 版のマッハドライブが出るらしいので、
それを待って、本当の目的である Aspire 1410 へインストールするのが
待ち遠しいです (^^)

購入済みの人は無償ダウンロード出来るそうなので、
今買ってしまっても、無駄にはなりません。


【参考リンク】

ioPLAZA マッハドライブ 商品ページ
[PR]
by isoq | 2009-12-09 00:59 | コンピュータ
e87.com(千趣会イイハナ) 花を贈るなら日比谷花壇

Windows 7 搭載、Aspire One AOD250-Bw18 7.5時間駆動 やっぱ安いっすね。

ネットブックも、軒並みWindows 7搭載機種が出てきましたが、

やっぱりAcerが安いですね。

Aspire One AOD250


7.5時間の十分な駆動時間を確保しつつ、

横幅26センチ弱!

Aspire TimeLine 1410 と比べても、

約5センチ小さい。

やっぱ、常に持ち運ぶには、このくらいの大きさがBest!

画面の解像度も、1280x720(Windows 7搭載モデル)と、
今までのネットブックの弱点の画面の狭さも克服しています。

OSは、パフォーマンス重視のWindows 7 Starter!
快適動作に違いないです。

もう1台ほしくなってしまった。。。

Aspire 1410もパフォーマンスは高いし、
申し分ないんだけど、
どこでも使える!というサイズじゃないなぁ~
電車で立ちながらとかは無理。
(不可能ではないけれども。)

その点、Aspire Oneのこのサイズなら、
電車で立って使ったり、街角で立って使ったりも
問題なさそう。

値段も安いから、ラフに使ってもあまり痛みを感じなさそうだし。
Aspire 1410は、5万円なので、ちょっと大事に扱っています。

これは、おすすめの1台です!

【参考リンク】

日本エイサー Aspire one D250 Series

楽天最安値 ¥39,700 (税・送料込み)

ソースネクスト ¥37,800

Amazon.co.jp ¥37,995~

【その他のおすすめ】

HP Mini 2140 Notebook PC ¥26,990
Inspiron Mini 10v Windows® 7 搭載 ¥36,979 (送料無料)
[PR]
by isoq | 2009-12-08 00:18 | コンピュータ
e87.com(千趣会イイハナ) 花を贈るなら日比谷花壇

結局、自分があほだったわけで、、、

Windows 7 の自動トラブル解決機能

自動トラブル解決機能でも解決できないような凡ミス。

ありますよね~~~~~~ ^^;

暗号化パスワードが違っていたり、、、ね。

通信自体が不可能な状態じゃ、

OSだって、解決出来ませんわ。

あぁ~~~~~~すっきり。

解決です。
[PR]
by isoq | 2009-11-23 10:03 | 日記
e87.com(千趣会イイハナ) 花を贈るなら日比谷花壇

Windows 7 の自動トラブル解決機能

Windows 7に搭載された、自動トラブルシューティング機能ですが、

この機能がまるで便利な機能なのかのように見せるために、

Windows 7 には、自動的にトラブルを発生させるための、

トラブルジェネレーション機能が付いているのではないだろうか???

全く正しく設定しているはずなのに、自動トラブルシューティング機能を

実行しないと、解決できないって、どうよ???

自動的にトラブルシューティングされると、逆に腹が立つ。

俺の設定の何が悪いっていうんだ!

俺をあほだと思っているだろ!

特に、ネットワーク周りで、意味不明の状態になって、

自動トラブルシューティングを実行しないと

どうにもならなくなることがある。

XPまでは素直だったのに。。。
[PR]
by isoq | 2009-11-22 16:19 | コンピュータ
e87.com(千趣会イイハナ) 花を贈るなら日比谷花壇