タグ:ボストン ( 8 ) タグの人気記事

e87.com(千趣会イイハナ) 花を贈るなら日比谷花壇

Corona Extra

ボストンには、SAMUEL ADAMS(サミュエル アダムス、種類はいろいろあります)という地ビールがあって、こっちの会社で招待されたときに、これを注文して「うまい」といって飲むのは、いわば義務になっています。 相手も喜んでくれるし、おいしいので悪くないのですけどね。

a0002261_20215096.jpgで、私が好きなのは、メキシコ産のビールコローナ エクストラです。
こちらでは、1/4かけのライムをさきっぽに突き刺して持ってきてくれます。じゅっと絞ってから、中に押し込み、浮かんだ状態で飲むのが好きです。ライムが入っているのと、入っていないのでは、かなり違いますよ~。ライトでさわやか!

ライムは、国産ビールでも有効かもしれないので、帰ったら試してみます。
こっちでも日本のビールを飲むことができます。
KIRINとかは結構どこにでもありますよ~
[PR]
by isoq | 2004-12-08 20:30 | 旅行日記
e87.com(千趣会イイハナ) 花を贈るなら日比谷花壇

クラムチャウダー食べ歩きっ!!の日々。

ここのところ、連日毎食のようにクラムチャウダーを食べています。
a0002261_19462768.jpgBOSTON周辺の地域は、NewEnglandと呼ばれていて、1620年にメイフラワー号に乗ってやって来たイギリスの清教徒達がこの地をNewEnglandと名づけたそうです。
New England Cram Chowder というと、結構どこに行っても食べられますが、ここがご当地というわけです。

この周辺にあるレストランというレストラン、フードコートというフードコートには必ずクラムチャウダーがあるのです。そして、それぞれの店によって、微妙に味が違います。そして、はずれは少ないです。

今回は、ダウンタウンでは、クエンシーマーケット内のスープ屋さんと、中華街の近くをとおり掛かったときに見つけた創業1868年という長ーい歴史を持っているJACOB WIRTH CO RESTAURANTというところで食べました。

今日のランチは、Burlington Mole(バーリントンモール)という超大型のショッピングモールに入っている、REGAL SEAFOOD(リーガルシーフード)というチェーン店でシーフードの予定でしたが、あまりにも行列が長いため、2階のフードコートで食べることになりました。やっぱりここにもクラムチャウダーがあって、頼みましたが、やっぱりおいしい!!

REGAL SEAFOODには、以前行ったことがあります。1時間くらい待ちましたが、かなりまともなシーフードを出してくれるお店だと思います。クラムチャウダーもおいしいですよ。おすすめです!
(BOSTONのダウンタウンにもありますよ~)

Burlington Moleでは、K・B Toys というおもちゃ屋によりました。
おみやげのためのHot Wheelを買うためです。

a0002261_2017334.jpg
BOSTON市内や、他の小さめのモールでも探したのですが、おもちゃ屋さんがあまりなかったんです。以前は小さいのがあったのですが、ダウンタウンでは見つけられませんでした。

K・B Toys では、HotWheelを10個と、バービー人形1体を買ったのですが、総額$25でした。
現在クリスマスのクリアランスセールをやっていて、かなりの割引があったみたいでびっくりでした。
普通のHotWheelは、なんと¢79、大きいほうでも$3.19でした。
BARBIEは、もともと$9.99で安かったのですが、$7.99になってました。
いや~、おみやげが安く済んでよかった~ (^^;)

ちなみに、かみさんへのおみやげは、まだ買っていません。
買って帰らないことも多いんです。
かって帰っても「え~、いらない」とか言われることもありますし。
アメリカって、あんまり良いものないんですよね~
どんなもの買っていったら良いのかな~???
悩みどころです。
おでこにリボンを貼り付けて帰ろうかな~と思っています。 (^^;)


ちなみに...
しかし、ステーキハウスで食べたピザはまずかった~
グリルで肉といっしょに焼くピザってどう思います?
イタリアンでソーセージが乗っているとかいてあるのに、乗っているのはどう考えてもハンバーグの切れ端。
オリーブオイルではなく、牛のラードが絡んで、とんでもない風味をかもし出していました。。。
アメリカの専門店以外でのイタリアンなメニューにはいい思い出がありません。。。

[PR]
by isoq | 2004-12-08 20:13 | 旅行日記
e87.com(千趣会イイハナ) 花を贈るなら日比谷花壇

クラムチャウダー in BOSTON

昨日、ボストンにつきました。
何はともあれ、クインシーマーケットにクラムチャウダーを食べに行きました。
a0002261_22352274.jpg
クインシーマーケットは、クリスマス一色で、きらきらと電飾されていてきれいでした。
忘れてたけど、もう12月なんだな~
ディズニーランド行かなきゃ~

a0002261_22383944.jpg飾りも仮装も人ばかりではありません。
ここボストンでは、馬車で市内観光が出来るんですが、この時期になると馬もトナカイ役をさせられちょっと迷惑そう。^^;
(↑アメリカでは、結構いろいろなところで馬車で観光できます。シカゴにもありました~)

a0002261_22411739.jpgそして、念願のクラムチャウダー。
アツアツのところをいただきま~す!
やっぱりおいしいね~
ニューイングランドばんざ~い!
クラムチャウダーは、どこで食べても同じような味ですけど、ここで食べると格別な気がする(^^;)んですよね~
[PR]
by isoq | 2004-12-05 22:44 | 旅行日記
e87.com(千趣会イイハナ) 花を贈るなら日比谷花壇

2000/07/29 McDonald's in Woburn

ボストン郊外の Woburn へ移動しました。
宿泊先は、95号線を降りてすぐの Hampton Inn です。
a0002261_1184223.jpg


目の前に、小さなショッピングモールがあるので、食べ物には困りません。
今日は、そのモールで McDonald's のハンバーガーを食べました。
a0002261_1185392.jpg


味は、ほぼ日本と同じですので、アメリカ食にほとほと愛想が尽きてきても、かなり食べれます!
日本でも、ケチャップは言えばくれますけど、こっちでは、ケチャップがボトルでおいてあり、必要なだけ紙のカップに入れます。
また、ドリンクはカップだけくれるので、自分で入れます。おかわりOKです。よね?私はしました!(^^;

アメリカ人は何にでもケチャップをもりもりつけて食べますね。

そして、帰りはコミュータートレインでボストン市内まで出る予定。
駅はホテルのすぐ近くにあるのですが、駅への入り方が判らない・・・
入り口はどこですか???
a0002261_1191670.jpg

(高架の上の歩道から)
[PR]
by isoq | 2001-01-01 07:29 | 旅行日記
e87.com(千趣会イイハナ) 花を贈るなら日比谷花壇

2000/07/22 Newport ビーチ

仕事先の会社の仲の良い社員にボストンから車で2時間以上かけて、Newportというところまで連れて行ってもらった。ここは、ビーチが有名で、しばし日光浴を満喫。

これは、そのビーチでの1ショット。一番右が私です。背は小さいです。
a0002261_17855.jpg


そして、これがNewBeach名物のマンションという建物群の1つ。
a0002261_173772.jpg

この辺には、たくさんのマンションが建っており、土地1000坪くらいのところのスゲー豪邸が建っており、中は金銀プラチナで装飾されているそうな。昔はこの辺で金鉱があって、お金持ちがこぞって海岸際の岸壁に豪華マンションを建てたそうです。

ちなみに、日本でいうマンション(鉄筋コンクリート造りの一般的なやつ)は、向こうではアパートメントといいます。マンションというと、超豪邸に住んでいると勘違いされるかもしれませんので、ご注意を。

まぁ、至る所、マンションだらけなんですがw
a0002261_174444.jpg


ビーチと磯と港が隣り合わせといった感じです。
a0002261_183154.jpg

a0002261_184459.jpg

a0002261_184754.jpg


ここでは、ビーフステーキを食べてみましたが、
ステーキは港町で食べるものではない事が判りました。

ゆでたクラムをバターに付けて食べるおつまみが
とても美味でした。
[PR]
by isoq | 2001-01-01 07:22 | 旅行日記
e87.com(千趣会イイハナ) 花を贈るなら日比谷花壇

2000/07/15 ボストン市内にて

1度目の週末、T(ティー:地下鉄)でボストン市街まで出て、散策することが出来た。

Walthamからコミュータートレインに乗れば良かったんだけど、
右も左も判らない私は、ホテルで手に入れた地図とボストンガイドを手に、
タクシーでリバーサイド駅まで移動。
(ボストンのガイド本にはTの乗り方や路線図が書いてあったから、そこまで行けば良いかと ^^;)
コミュータートレインは、切符の買い方が違うので、たぶんWalthamに行っていたら、
電車の乗り方にかなり迷っていたと思う。

何とかTコインを買って、地下鉄に乗り込む。
a0002261_019740.jpg


意外と遠かったが何とかボストン市街まで到着。
後は、ボストンガイド本を片手に、市内散策を試みた。
基本、フリーダムトレイルの赤い煉瓦にそって歩いて行けば、
たまに地図を見るだけで迷う事なく、一通り回れた。

a0002261_027266.jpg

ボストンの中心地にある大きな公園、ボストンコモンという場所から撮影。かつて首都だったボストンには、たくさんの歴史的建造物があり、ヨーロッパ調の風格をただえた建物と近代的な高層ビルが建ち並ぶ不思議な場所だ。

a0002261_0405178.jpg

a0002261_040572.jpg

a0002261_041568.jpg

a0002261_04173.jpg

a0002261_041115.jpg

a0002261_0411879.jpg

a0002261_0412094.jpg

a0002261_0412460.jpg


トールシップというのが港にきているとの情報を得たので、港へ向かうと、大きな帆船のことだった。帆船で世界を回っているのだろうか?英語がまだまだ未熟だったため、詳しいことはわからなかった。
a0002261_0414255.jpg


あと、シャンプーが欲しかったので、いろいろと店を探すが、
日本のようにすぐに見つける事が出来なかった。
とても古い雑貨屋の様なところで、やっとシャンプーを1つ見つけたので購入♪

移動先の Homestead Inn には、備え付けのシャンプーや石けんなどが無く、
生活用品はすべて自分で用意しないと行けないらしい。
必要なのは、
・お風呂用品
・台所洗剤・スポンジ
・洗濯石けん
これが無いと、しんどい事になる。
何とか、確保w

帰りは、暗くなる前に帰れるように早めに出発。
電車が混んできていて、結構びびりながら乗りました。
a0002261_0415187.jpg


また、リバーサイドからタクシーでホテルまで。
リバーサイドってホテルから結構遠いんだよね。
[PR]
by isoq | 2001-01-01 07:15 | 旅行日記
e87.com(千趣会イイハナ) 花を贈るなら日比谷花壇

2000/07/11 ボストン 3日目 Naked Fish と どこぞの教会


ホテルの外観。
明るい時に見ると又違った印象。
a0002261_23395632.jpg


お昼は、ホテルの近くにある Naked Fish というお魚グリルのお店へ。
ほとんどの食材の名前がわからないので、1つづつ聞きながら注文。
どうでも良いけど、海外のメニューって、写真が載って無くて、
料理の材料と作り方的な解説がとても細かく書かれていて、
じっくり読まないと何が何だか判らない。
じっくり読んでも判らないですがw
a0002261_23402664.jpg


夕方、Waltham近郊の白い教会に連れて行ってもらった。
刻は夕刻で、夕日に照らされた一筋の雲と夕暮れ時の空による
間接照明に柔らかに照らされた白い教会が印象的だった。
教会の名前は、全く覚えていません・・・ (^^;)
a0002261_23491772.jpg


夕食は、教会の帰り道で。
まるで普通の家のような建物のお屋敷のレストランでした。
写真など、残って居ないのが残念です。

P.S.
ちなみに、このとき使っていたカメラは、リコーのDC-4というデジカメ。
デジカメの黎明期でしたので、スペックはかなり低い(1.4メガピクセル)し、
記憶容量も2MBのスマートメディア、JPEGでかなり高圧縮に圧縮されて
今見るとノイズだらけの画像でした。
ある程度綺麗な写真は、後から補正を掛けているものです。
[PR]
by isoq | 2001-01-01 07:11 | 旅行日記
e87.com(千趣会イイハナ) 花を贈るなら日比谷花壇

2000/07/09 ボストン 1日目 シカゴ経由ボストン行き

入社1年目の私。
4月入社で、7月に海外出張って、早くね??
まぁ、1人で行く訳じゃないので、安心だけどw

って思ってたのも束の間。
滞在期間3週間で、先輩が居るのが4日間のみ・・・
残りの2週間ちょっとは、自分で生き抜いて、
そして一人でホテル移動して、別の場所を訪問して、
一人で飛行機に乗って帰ってこないといけない。

あのーーーーーーー
英語もろくに話せないんですが・・・・私・・・・

準備としては、ボストン観光本の他に、
アメリカンツーリスターのハードスーツケースを購入。
サイズは、売っていた中で一番大きなものをチョイス。
360度自由な方向に滑らせられるキャスターが付いたタイプ。
取っ手を引っ張り出して、斜めにして引けるけど、
それやるには、力が要って大変。
だから、いつも水平移動させてました。
(このスーツケースは、その後7年間活躍しまくる事になる。)

というわけで、男は度胸という事で、
ぶっつけ本番で出発したわけです。

さらば日本、コンニチハ アメリカ。
a0002261_22354146.jpg


飛行機は、シカゴ経由、ボストン行き。
途中は、右も左も判らず・・・ずっと先輩に張り付いてました。

そして、ボストンに着くと、すでに夜。
先輩の後を付いていき、タクシーに乗り込みます。
a0002261_2235457.jpg


行き先は、ボストン郊外の Waltham という市。
宿泊先は、目的地付近の Home Suites Inn というホテル。

a0002261_23345316.jpg


アメリカらしく、ベッドはキングサイズ。
a0002261_22355237.jpg


なかなか良いホテルです。

明日は、初めての海外取引先への訪問。
どきどきわくわくです。
[PR]
by isoq | 2001-01-01 07:09 | 旅行日記
e87.com(千趣会イイハナ) 花を贈るなら日比谷花壇