<   2010年 03月 ( 12 )   > この月の画像一覧

e87.com(千趣会イイハナ) 花を贈るなら日比谷花壇

IdeaPad S10-2 と AS1410 の比較

ThinkPad X シリーズ [468x60]

夕べ、レビュー書いていて、投稿画面のバナーをクリックしてしまいました。
そのため、書いていた内容が真っ白に、、、
私も真っ白に、、、

1時間近くかけて書いた内容は、(精神的に)復元不可能なので、
写真だけ、載せておきます。

a0002261_3103367.jpg
a0002261_310446.jpg
a0002261_310548.jpg
a0002261_311439.jpg
a0002261_311131.jpg

[PR]
by isoq | 2010-03-31 03:12 | コンピュータ
e87.com(千趣会イイハナ) 花を贈るなら日比谷花壇

フリーウェア NaiNai(ないない) v1.3.7 を公開しました。

ixc. East by Eastwest


拙作のフリーウェア、NaiNai(ないない) v1.3.7 を公開しました。

1.3.6 にて、タスクトレイに格納したアイコンを右クリックして、
メニューを表示しようとすると、エラーで落ちてしまうと言う、
致命的な不具合を解決しました。

致命的にもかかわらず、今まで全く気づかず、
利用者の方にはご迷惑をおかけしたかもしれません。
ごめんなさい。

解決しましたので、こちらで公開しました。

今後ともよろしくお願い致します。
[PR]
by isoq | 2010-03-31 02:22 | 開発日記
e87.com(千趣会イイハナ) 花を贈るなら日比谷花壇

Windows サービスを作成する方法 (Visual Studio 2008/2005 の Visual C++/CLR を使用)

デル株式会社


以前は、面倒な手順が必要だったWindows サービス プログラムを作成する方法も、
.NET Framework と 対応開発環境の登場によって、かなりスマートに掛けるようになった。

MSDNなどを見れば、すぐに出来ると思うけど、簡単にサービス プログラムをビルド、インストールする手順を覚え書き。


①Widnows サービス プロジェクトを作成する

新規プロジェクト作成のウィザードを開く。

プロジェクトの種類=『Visual C++』の『CLR』を選択し、『Windows サービス』を選択する。

プロジェクト名を入力して、『OK』ボタンをクリックして、プロジェクトを作成する。

②サービスのプロパティを設定する

ソリューションエクスプローラから、作成された XxxxxWinService.h をダブルクリックで開き(デザインビュー)、右クリックから「プロパティ」を選択。

プロパティページから、最低限以下の項目を設定する。

ServiceName - このサービスのサービス名
StartType - 自動/手動/無効など

その他、必要なプロパティを変更する。
デフォルトでは、開始・終了ができる標準的なサービスの設定がされている。

③インストーラを追加する

デザインビューを右クリックして、『インストーラの追加』を選択する。

ProjectInstaller クラスが追加され、デザインビューに ServiceProcessInstaller と ServiceInstaller のインスタンスが追加される。

④インストールの動作を変更する

ServiceInstaller のインスタンス(serviceInstaller1)を選択し、プロパティーページを表示する。

ServiceName が、サービス自体のServiceName(XxxxxWinService.hのプロパティ)と一致している事を確認する。
サービス名を変更した場合は、ここも変更する必要がある。

ServiceProcessInstaller のインスタンス(serviceProcessInstaller1)を選択し、プロパティーページを表示する。

ここで、必要な設定を変更する。

Account - サービスを実行するアカウント

⑤処理内容を記述する

XxxxxWinService.h のコードを表示して、OnStart() と OnStop() を編集して、サービスの開始・終了処理を記述する。

サービスは、一定時間以内に処理をサービスマネージャーに戻す必要があるので、ここでは、スレッドや外部プロセスの起動/終了処理のみを記述すること。

サービスが実際に行う処理は、他のスレッドや外部の実行ファイルに記述する。

ここで例外を発生させたりすると、サービスマネージャーから制御不能と怒られますので、注意が必要。

⑥ビルドする

ビルドして実行ファイルを作成します。

⑦サービスをインストールする

作成したサービスは、自己インストールができるようになっているので、次のコマンドラインでインストールが可能。

Xxxx.exe /Install

⑧サービスを起動する

サービスを起動するには、システムを再起動するか、つぎのコマンドを入力する。

net start "XxxxWinService"

ここで、"XxxxWinService" はサービス名。

Windowsの管理ツールのServiceからも起動・終了ができる。

⑨サービスを停止する

サービスを停止するには、次のコマンドを入力する。

net stop "XxxxWinService"

ここで、"XxxxWinService" はサービス名。

Windowsの管理ツールのサービスからも起動・終了ができる。

⑩サービスをアンインストールする

作成したサービスは、自己アンインストールができるようになっているので、次のコマンドラインでアンインストールが可能。

Xxxx.exe /Install /u

⑪サービスで実行しているプログラムのウインドウを表示できるようにする

サービスは、デフォルトでは、デスクトップとの対話を許可されていない。つまり、デスクトップにウインドウなどを表示する事ができない。(やろうとすると、かなり複雑な手続きが必要になる。)また、サービスが起動した外部プロセスも同じ制約課せられる。このため、次の手順で、マニュアルでデスクトップとの対話をサービスに許可する必要がある。

・管理ツールからサービスを開く
・XxxxWinSerice のプロパティを表示する
・ログオン タブの『デスクトップとの対話をサービスに許可』をチェックする
・『OK』をクリックする
・サービスを再起動する


必要な環境:

CLRによる Windows サービス プログラムの実行・インストール・アンインストールには、.NET Frameworkが必要。



参考URL

MSDN - .NET Framework 開発用 Visual Studio プログラマーズ ガイド - 方法 : Windows サービスを作成する

マイクロソフト サポート オンライン - [SDK32] サービスからアプリケーションデスクトップへのアクセス

@IT総合トップ > 旧@IT会議室 > Insider.NET > C#のWindowsサービスからのProcessによるEXE起動について

マイクロソフト サポート オンライン - CreateProcessAsUser() 関数とウィンドウ ステーションおよびデスクトップ
[PR]
by isoq | 2010-03-31 01:41 | C/C++/Win32
e87.com(千趣会イイハナ) 花を贈るなら日比谷花壇

感触があるタッチスクリーン

パーフェクトスーツファクトリー

私が通っていた大学の研究室でも同じような研究をしていたのですが、
ディスプレイ表面に触ったったときの感触を変化させる技術が、
開発されています。

人工筋肉で押し返す触感タッチスクリーン、年内に製品化

RefleX Technology

こちらの記事の中で紹介されているのは、人工筋肉フィルムを使用したスクリーンだそうで、、、
人工筋肉フィルムは、電圧を加えることで、数十分の1mm程度厚みを変える事が出来るそうです。
それによって、キーボードのクリック感や表面の感触、ガンファイヤー(発砲時の振動)を
再現することが出来るとか。
触ってみないことには、どの程度の物かは判断できませんが、、、


というのも、ここ半年ほどの間、この手の実用的なスクリーンについて、
個人的にアイデアを洗練させていたのでした。

最近は、タッチパネルのみで操作するコンピュータ デバイスが
増えてきましたが、ソフトキーボードは非常に打ちにくく、
長い文章などの入力にはやはりリアルなキーボードが必要です。

そこで、物理的なサポートによって、「より打ちやすいソフトキーボード」を
実現する技術について、いろいろ検討していました。
が、個人的なアイデアレベルなので、なかなか実用的なところまでは行っていませんが。

Artifical Musclesでは、リアルタイムの応答に特化している様です。
詳しくは分かりませんが、ImmersionのTouchSense の様に、
ディスプレイ面全体を同時に動かしたり、振動させたりしている様に見えます。

キーボードでは、基本的にマルチタッチで、それぞれの指の位置で同時に
表面の堅さや感触、クリック感などを表現する必要がありますので、
そのままこれをキーボードに適用できるかというと、なかなか難しいかもしれません。
(私の理解が足りていないだけなのかもしれませんが。)
とにかく、触ってみたいですね。
[PR]
by isoq | 2010-03-31 00:38 | コンピュータ
e87.com(千趣会イイハナ) 花を贈るなら日比谷花壇

ゼンマイ式回生ブレーキ

イイハナ・ドットコム e87.com(千趣会イイハナ)母の日特集

最近、ハイブリッド自動車などでの回生ブレーキの話題をよく耳にします。

うちの自動車は、ガソリン式なので、走行中の運動エネルギーの回生には非対応です。
最近は、赤信号の度に、エネルギーを熱として放出し、さらにブレーキパッドをすり減らすことに
抵抗感を覚えてきています。

電気じゃなくても回生は出来ないのか???と、ひらめいたのが、ゼンマイ式の回生ブレーキ。
これはいける!!と思っていたのですが、なんと、すでに考案されていたようで。。。
それも、かなり以前から。

回生ブレーキ

こちらは、平成17年の特許。

ぜんまいを用いた自転車の走行エネルギー回生

今更ながら、やられたぁ~
でも、まだ実用化されていないよね。
もう少し +α の知恵が必要だって事かな・・・
じゃなくて、電気じゃない=はやっていない というだけか。。。
それとも、特許取られてしまったから、逆に「使いにくい技術」となってしまったのか・・・?
とにかく、自動車会社はまだ(私の知る限り)製品としては世に出していない。

昨年はF-1でも回生機構が搭載されたそうですが、こちらは、バッテリ式やフライホイール(回転により力を蓄積する鉄の円盤)を利用しているらしい。

ゼンマイにしたらよいのに。。。
堅さの違うゼンマイを複数組み合わせて、走行中にエネルギーを移動させれば、、、
以外とうまくいきそうな気がするんだけど、、、、、、、どうかな?
実際、機構自体の重量や、速度特性から、F-1では役に立たないかもしれないけど、
町乗りだったら十分な回生能力を持つ物が作れると思う。
上り坂の途中の赤信号での燃費を向上してくれると思う。
特に、横浜に住んでいると、周りが坂ばかりだから、、、

作りたいと思っても、個人じゃどうにもならんのが痛いところ。
うちの新車をばらして改造するわけにもいかないし。
公道走れなくなるしね (^^;)
[PR]
by isoq | 2010-03-30 23:48 | 日記
e87.com(千趣会イイハナ) 花を贈るなら日比谷花壇

今日から、アレルギーっぽい

今朝から、急にくしゃみ鼻水が激しくなった。
毎年、この時期にくしゃみ鼻水が始まる。
たぶん、なにかアレルゲンが浮遊しているのだと思われる。
[PR]
by isoq | 2010-03-27 11:18 | ヘルスケア
e87.com(千趣会イイハナ) 花を贈るなら日比谷花壇

物理エンジンPhysXプログラミング (I・O BOOKS)



初心者向けの導入方法の解説・PhysXの仕様解説とともに、
物理の原理からの算出結果と、物理エンジンでの実行結果とを比較し、
理論値との比較検証を行っている書籍です。

物理の原理に関する解説(詳説ではありません)もあり、
これ一冊で、物理エンジンに入門できる作りになっています。

原理についてはそれほど詳しく解説されていませんので、
原理から理解したい人には、別途教科書が必要ではありますが、
とにかく「PhysXを始めてみたい!」という人にとって、
最初に手に取るに十分価値のある書籍と思います。

PhysXの導入方法から、プロジェクトの設定方法まで初心者が
つまずきそうなところについては、詳しく解説されていますので、
手順通りに進めていけば、迷うことはないと思います。

使用しているサンプルも、PhysXに含まれているサンプルを
独自により簡略化し、処理の流れや必要な情報が明確に分かるように
配慮されていて、とてもわかりやすく解説されていると思います。

解説の中で使用されるソースコードは、すべて書籍内にリスティングされているので、
特にCD-ROMをPCで開きながらでなくても、ソースコードを追いながら、
コーディング方法を確認できるようになっていますので、電車の中などで
学習を進めたい人にもってこいの書籍です。

注目すべき行や処理の強調の仕方もよく考えられており、
よく目立つ上に、邪魔にならず、とてもわかりやすい。
解説書の書き方としても、参考に出来る良書と思います。

内容は、本当に初心者向けですので、
すでにPhysXをかじっている人には物足りないと思います。

始めたいけど、まずどうしたらよいのか分からない。。。
と言う人にお勧めです。

ちなみに、CD-ROMの内容は、582MBもありますが、
ほとんどが不要な一時ファイルと、デバッグ版の実行ファイルで、
それをすべて削除すると、1MB以下になります(^^;)
[PR]
by isoq | 2010-03-22 10:23 | 書籍 - 技術系
e87.com(千趣会イイハナ) 花を贈るなら日比谷花壇

Blender の 操作方法/ショートカットキー 一覧

トリンプ・オンラインショップ


仕事柄、3Dモデルが必要になったので、自作に挑戦。

最近は、Blender という、とても高機能な
アニメーション向けの 3D CADソフトがフリーで使えるので、大変便利です。
便利なのですが、使い始めるまでに結構苦戦します。

基本的に、3D CADソフトは、ソフトごとに独自の操作性があるので、
1つのソフトを極めたとしても、他のソフトには、全く歯が立たない事は
よくあることです。

Blenderも結構独自路線を行っているので、
操作方法やショートカットを覚えるのが結構手間取りました。

まだまだ、「あの機能」にどこからアクセスしたらよいか、ほとんど分かりませんが、
何とか、目的の形状データを作成することが出来ました。
STLで保存して、OpenGLで描画して、いっちょ上がり!
(ちなみに、BlenderのSTLは、バイナリーですね。)

自分でも忘れないように、ちょっとした表を作成してみました。

こちらです ↓ (エキブロでは、テーブルが使えんとは。。。)
Blender の 操作方法/ショートカットキー 一覧

とりあえず、これだけ覚えとけば、何とかなるかな、、、


あと、保存したはずなのに消えていた事件も起こりました。
メニューから「Save」と選んだだけでは、保存できず、
Saveを選んだ直後に表示されるメニューみたいな物で、
ファイル名のところを選択しないと、だめらしい。

いちおう、上書き確認のつもりらしいが、
最初、そんなこととは知らず、「Save したら、確認画面が出た」
程度に考えていて、後から冷や汗書きました。。。

結局、「前回のセッションを復元」で、事なきを得ましたが、、、
[PR]
by isoq | 2010-03-20 02:42 | 3Dグラフィックス
e87.com(千趣会イイハナ) 花を贈るなら日比谷花壇

フリーウェア NaiNai(ないない) v1.3.6 を公開しました。

ウィメンズパーク-ベネッセ-

昨日、v1.3.5 を公開したばかりでしたが、
すぐさまWindows XPでインストーラの問題が発覚しましたので、
問題を解決した新しいバージョン v1.3.6 を公開しました。
(余計なDLLが含まれていました。。。)

それ以外は、 1.3.5 と全く同様ですので、
v1.3.5 をインストールして、余計なDLLを手動で削除していただいた方は、
特にアップデートする必要はありません。

1.3.5 で追加された機能は ↓ をご参照ください。
フリーウェア NaiNai(ないない) v1.3.5 を公開しました。へトラックバック。
[PR]
by isoq | 2010-03-20 01:52 | フリーウェア
e87.com(千趣会イイハナ) 花を贈るなら日比谷花壇

プロシージャ エントリ ポイント _except_handler4_common がダイナミックリンクライブラリ msvcrt.dll ...

 iTunes Store(Japan)

「プロシージャ エントリ ポイント _except_handler4_common がダイナミックリンクライブラリ msvcrt.dll から見つかりませんでした。」

自家制作のフリーウェアで、問題が発生してしまいました。
このエラーが出たのです。

今回から、開発環境をWindows 7/Visual Studio 2008 へ移行した
矢先の出来事でした。

原因は、Visual Studio のセットアップ プロジェクトが、OS依存のサテライトDLLを
セットアップに含めてしまっていたためでした。

今回の場合、oledlg.dll というDLLが含まれていて、インストーラによって
インストール先フォルダへSide-by-Side配置されるのですが、
このDLLが内部で、Windows 7に含まれるバージョンの msvcrt.dll を
要求してしまい、エラーが出てしまうというものでした。

Windows Vista以降のPCで開発を行い、Visual Studioのセットアップウィザードで
インストーラを構築すると、参照しているDLLファイルなどがインストールファイルとして追加されます。
OSのバージョン固有のDLL等も含まれてしまうため、不要なDLLは、手動で削除しないといけない。

たとえば、Windows XP でセットアッププロジェクトを作成し、
その後、セットアッププロジェクトを Windows 7 でビルドする場合。
Windows XPで見つかった依存関係ファイルを セットアッププロジェクトをビルドすると、
Windows XP依存のDLLがセットアップに含まれてしまう。
この場合、たいていはその後のWindows Vista や 7 でも実行可能。

が、Windows 7 で同じセットアッププロジェクトをビルドすると、
今度はWindows 7に依存したDLLがセットアップに含まれてしまう。
この場合、Windows XPにインストールしても、正しく動作しない可能性が高い。

しかも、セットアッププロジェクトは、勝手に依存するDLLをセットアップに含めてしまうが、
そのDLLのライセンスによっては、再配布が禁止されている可能性がある。
Visual Studioを持っていれば、開発環境の再配布可能ファイルは問題ないが、
OS依存ファイルの配布は、ライセンスに引っかかってしまうだろう。

この手のDLLの除外は、自動ではできないのだろうか。。。
[PR]
by isoq | 2010-03-20 00:18 | C/C++/Win32
e87.com(千趣会イイハナ) 花を贈るなら日比谷花壇