<   2009年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

e87.com(千趣会イイハナ) 花を贈るなら日比谷花壇

和歌山

今日は関空経由で和歌山出張。

関空は、それなりにでかい割に、活気がないなぁ〜と思いつつ通過。

和歌山まで40分のバスの旅。

そういえば、今朝方緊急地震速報が来た。我が家ではかみさんと私の携帯がけたたましく鳴った。飛び起きて子ども達を棚やテレビから遠ざけた。ふぅ〜。前の時は、この音は何事か?と驚いている間に縦揺れが来たので、進歩を感じた。

今回は、誤報らしかったが。観測所で、誰かが震度計につまずいたのか?メンテ中にくしゃみしたとか、オペレーターがうとうとして、鼻で赤いボタン押したのかも?
とか、考えたりした。
誤報でも訓練にはなった。

最近携帯を機種変更したら、緊急地震速報対応になったらしい。
数秒でも、揺れる前に警報が届くと、安全確保がかなり可能になる。
その間に何をすれば良いか?これには訓練が必要。
[PR]
by isoq | 2009-08-25 13:21 | 携帯からの投稿
e87.com(千趣会イイハナ) 花を贈るなら日比谷花壇

いまさら WAMP

Linux + Apache + MySQL + PHP の組み合わせが LAMP なら、
Windows + Apache + MySQL + PHP の組み合わせは、 WAMP だろう!
と思ったら、すでにそんな言葉は当たり前の世の中なのですね。

今更ですが、WAMPに挑戦し始めたので、そのメモを残そうかと。

【使用するもの】

- Windows XP sp3

- Apache 2.2.13

- MySQL 5.1.37

- PHP 5.3.0

全て最新版を使用。
だいたい、最新版で固めると、互換性の問題があってなかなかうまくいかない。
が、あえてここは新しもの好きと言うことで、願を掛けて見る。
互換性が問題になるのは、主に既製のWebサイト構築ツール
(WikiやBlogなど)が特定のバージョンでしか動作確認が取れていないため。
だと勝手に仮定すると、自分でプログラミングして構築しよう!
と思いたったときには、ちょっと情報が少ないだけで、
問題は少ないはずと信じて進む!

まず、MySQLのMSI版(mysql-5.1.37-win32.msi)をダウンロードしてきて、
インストール。
ほとんどMSIのインストーラで設定が完了。
楽すぎる、、、
インストールの途中にルートパスワードを入力するが、デフォルトは空だから、
2番目と3番目の欄に新しいパスワードを設定する必要が有る。
ここさえ間違えなければ、(私は一度間違えた)誰でもインストールできる。


次に、Apache(apache_2.2.13-win32-x86-no_ssl.msi)をダウンロードしてインストール。
これも、インストーラでインストールするだけで、ほぼ動作する。
少し変更した点は、以下の通り。

【httpd.conf】 ファイル

変更

AllowOverride None

AllowOverride All

DirectoryIndex index.html

DirectoryIndex index.html index.htm index.php index.phps

追加

LoadModule php5_module c:\PHP\php5apache2_2.dll
AddType application/x-httpd-php .php
AddType application/x-httpd-php-source .phps

【extra/httpd-userdir.conf】
UserDir "My Documents/My Website"

UserDir disabled

次に、PHP(php-5.3.0-Win32-VC9-x86.zip)をダウンロード。
Cドライブのルートに、PHPフォルダを作成して、その中に展開。
php.ini-development ファイルをコピーして、php.ini へ改名して編集。
編集後、c:\WINDOWSフォルダへ移動します。

【php.ini】
; extension_dir = "ext"

extension_dir = "c:\PHP\ext"

;extension=php_gd2.dll

extension=php_gd2.dll

;extension=php_mbstring.dll

extension=php_mbstring.dll

;extension=php_mysql.dll

extension=php_mysql.dll

で、PHPの動作確認用のファイル(info.php)を作成して、
Apacheのドキュメントルートにコピー。

【C:\Program Files\Apache Software Foundation\Apache2.2\htdocs\info.php】
<?php
phpinfo();
?>


Webブラウザのアドレスに、 http://localhost/info.php と入力して、
PHPの情報ページが表示されれば、とりあえずApacheとPHPが動いていることが
確認できる。

PHPが動かない場合は、MSVC(Microsoft Visual C)のランタイムが
入っていない事が原因の可能性があります。
MSのダウンロードセンターから、Visual C++ Redistributable Packageを
検索してダウンロードしてみましょう。

ダウンロードされてしまう場合は、httpd.conf 内のスペルミスなどをチェック。
また、Apacheが起動できない!と言う場合も同様。
もしかすると、IIS等の他のWebサーバーがすでにインストールされていると、
同じポート(80番)をすでに使用している可能性があるので、要確認。
また、エラー内容は、ログファイルを確認すると、原因がわかることも。

---
次は、PHPでいくつかサンプルを作ってみて、
その後、MySQLにテーブルを作ってみて、
PHPから繋げてみて、PHPで整形して
ブラウザに表示できるまでが出来れば、
後は何でも応用できちゃう。
[PR]
by isoq | 2009-08-11 01:09 | Web
e87.com(千趣会イイハナ) 花を贈るなら日比谷花壇