<   2006年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

e87.com(千趣会イイハナ) 花を贈るなら日比谷花壇

Windows 2000 では、VT_I8 が使えない

Windows XPでとあるソフトを開発していますが、Windows 2000で実行すると原因不明のエラーが発生するという報告がありました。
エラー内容は、

Run time error!
program abnormal termination.

とのこと。
来た!Run time errorは、原因が分かりにくい。
エラーメッセージも、いつも同じだし。
エラーが出るタイミングは判っているので、その周りを調査した。

ソースを眺めていても、全く原因が分からなかったので、どこでエラーが起きているのか確認する事にした。
Windows 2000の開発環境が手元になかったので、開発環境が入っていないWindows 2000にXPの開発環境で AfxMessageBox でデバッグ情報を出力できるようにしたバージョンをコピーして実行。
何度かやっている内に、ある処理に行き着いた。
次のような処理。
void CXxx::Set(CString strKey, _variant_t varValue)
{
m_mapKeyVal[strKey] = varValue;
// ↑ std::map
}


全く問題ないように見えるけど、実はWindowsの仕様の不一致が原因で、個々でエラーが発生していた。

この関数にデータを渡す時に、次のようなコードを使っていた。

__int64 nSize = 0;
if(<ファイルサイズを取得関数>(&nSize))
{
Set("FileSize", nSize);
}


Windows XPでは、全く問題なく動作するが、Windows 2000のCOM(ActiveX)では、64ビットの整数型(VT_I8, VT_UI8)がサポートされていないので、 m_mapKeyVal[strKey] = varValue を実行したときにエラー(例外 _com_error がスローされる)が発生していた。

代入時点で例外が発生しないのは、コンストラクタで例外を発生させてしまうと、いろいろと問題があるため。
参考:C MAGAZINE - プログラミングの禁じ手Web版 C++編 - 例外に関するパターン
だけど、ここで例外が発生しないと、追跡が難しくなる気がする。しょうがないか。

とりあえず、__int64 を double にキャストする事で一時しのぎすることとなった。

Set("FileSize", (double)nSize);

[PR]
by isoq | 2006-07-28 11:43 | C/C++/Win32
e87.com(千趣会イイハナ) 花を贈るなら日比谷花壇

カブトムシとの愛を確かめ合った日

昨日、かみさんが長男の友達の家からカブトムシをもらってきました。
もらうことがわかったいたので、カブトムシ用の虫かごに昆虫マットを入れて、準備万端でもらいに行きました。

長男と次男でオス2匹、雌2匹をもらってきたとのことでしたが、会社から帰って見てみると、どう見てもオス3匹に雌1匹にしか見えません。1匹だけ、角が極端に小さなオスがいたので、それをメスと見間違えたのでしょう。角が小さくても角がある以上はオスです。人間だってちっちゃくても。。(略)

そんなこんなで、飼育2日目。
今日、会社から帰ってみると、まだゼリーを取り替えていないというので、取り替えることにしました。
角が小さなオスとメスは、マットに潜っているようで、見えませんでした。
一番大きなオスが2つあるゼリーを独り占めして、中くらいのオスが天井の網網にしがみついていました。
ゼリーを換え、ふたを閉めようとしましたが、網にしがみついているオスの足が挟まりそうだったので、手で角を持って引っ張りましたが、そこは力持ちのカブトムシ、なかなか離れません。
しょうがないので、カブトムシの銅を持って、足を1本ずつ離していきました。
何とか網から離れると、今度は親指に強力にしがみついて離れなくなってしまいました。

あたふたしていると、そのカブトムシがギュッ、ギュッという音を発しながらおなかを動かし、きしませ始めました。このとき、初めてカブトムシの鳴き声を聞き、ちょっと感動していました。そのときは、それが何の行動なのか知るよしもありませんでした。

カブトムシの足は、先が尖ったフックのようになっていて、引っかかるようにできています。
離そうとすると指に食い込んで、引っかかれ、これがまた痛いのです。
何とか指から離そうとしましたが、本当に力一杯抱きしめられて、どうにもなりません。

そのときです!

カブトムシのおしりの先から、なにやら尖ったモノがニョキニョキっと生えてきました。
これはもしや○※×△□(ぴーーーー)なのでは!!!????
パニック状態で、何とかカブトムシを指から放そうとしましたが、さらにさらに強力にしがみついて離れません!!!
きゃぁぁぁぁぁ!と心の中で叫びつつ、夜中にかかわらず大声でかみさんを呼びました!
「取って~~~~(;_;)」

爪楊枝で、足を一本ずつはがしてもらい、やっとの事でカブトムシの愛の地獄から解放されました。

メスが1匹しかいないから、こんなことになってしまったのかもしれない。
カブトムシの雌も、こんなに力強い抱擁をされたら、まず逃げられないだろうな。

カブトムシが鳴きだしたら、要注意!触らない方が身のためです!

自然の驚異を実感した一日でした。

---

カブトムシ君へ

残念だと思うだろうけど、おまえの愛は受け入れられないんだよ。
俺とおまえじゃ違いすぎるし、俺は男でおまえはオスだ!
早く新しい人が見つかって、幸せになれることを祈っているよ。
Bye for now,

---

新しい彼女を捜してあげなくちゃ~
[PR]
by isoq | 2006-07-26 00:42 | 日記
e87.com(千趣会イイハナ) 花を贈るなら日比谷花壇

命名。ラウル。

a0002261_9133987.jpg

子犬の名前はラウルのラウちゃんと命名されました!

誰から取ったかは秘密です(^^;)

月曜日には2回目の予防接種も済ませました。やっと我が家にも慣れたのか昨日あたりから、急に元気いっぱいになり始めました。

これから『しつけ』をがんばらなきゃ。

成長日記は、http://raulecreuset.blog57.fc2.com/ です。
[PR]
by isoq | 2006-07-19 09:13 | 携帯からの投稿
e87.com(千趣会イイハナ) 花を贈るなら日比谷花壇

新しい家族が増えましたっ!(^^)

昨日は、誕生日でした。
今日は、川崎のドンキで犬を飼いました。
パピヨン(2ヶ月)オス。

私は、純白でネバーエンディングストーリーに出てきたドラゴンに似ているマルチーズが好きで、本当はマルチーズが欲しくて欲しくて、店でだだをこねたのですが、かみさんも子供達も「パピヨンがいい!!」の一点張り。
実家の母に電話をしたときも、「飽きたらうちで飼ってあげるけど、マルチーズは顔が嫌い。パピオンの方がいい。」(現在、シーズーを2匹飼っています)と、実の母にも裏切られ、、、

結局、パピヨンになってしまいました。
でも、抱いてみると、やっぱかわいいですね (^^)

犬は安かったんですが、保健やらゲージやら何やらで、10万円近くの出費。
お金が無いのにさ。。。

帰り道、散歩中のパピオンの成犬を見ましたが、やっぱこれがパピオンなんですよね。
パピオンってかわいいんですけど、なんか「私ってかわいいのよっ!」って言いながら歩いているみたいで、個人的には余り好きじゃないな~
マルチーズの方が良いのに。

かみさん曰く「じゃ、パパの誕生日プレゼントってことで!」

。。。じゃ、なにも言わずにマルチーズにしてくれよ!!(と心の中で叫ぶ)
[PR]
by isoq | 2006-07-15 21:55 | 日記
e87.com(千趣会イイハナ) 花を贈るなら日比谷花壇

台湾

7月3日まで、出張で台湾でした。
台北市の外れの麗湖大飯店というホテルに泊まり。
会社の男3人で同室。
ベッドは3つあるはずが、2つしかない。。。(;_;)
キングサイズとダブル。
仕方なく、キングサイズを枕で区切って、2人で使うことに。
縦の方が長かったから横で区切った。
足が出たが、連れの方が背が高くて、頭も足もはみ出して
かわいそうだった。

いつも出張に行くと、出張先の会社の人に、何を食べたいか聞かれる。
私はこう答えることにしている。

「この地の伝統的な料理が食べたい」

最近では、海外食に慣れてきて、たいていの物はおいしく食べれるようになってきた。
今回は、貧乏そうな私よりも2歳年上の青年に連れられ、
彼らの伝統的な食事を体験した。

まず、牛肉麺。
ラーメンの中に、牛肉が入っている。
ブロックの煮込みを切ったものみたい。
この地では有名なのだそうだ。
確かに牛肉が入っていた。
中華の香草の香りが鼻を突く。
まあまあ、おいしかった。

あと、ものすごく庶民的な日本で言えば定食屋みたいなところに連れて行かれた。
肉の粉をかけたご飯と、ピータン、野菜(草?)いため、野菜とイカの炒め物。
これが全て。超伝統的らしい。
ピータンは日本でずっと嫌いだったので、さけていたのですが、
相手のすすめもあって食べてみました。
初めて、ピータンがおいしいと思えました!
日本のピータンと全然違う。

最後に、小麦粉をこねて油で揚げたスナックにパンを巻いた、
何とも味気ない食べ物をご馳走になった。
何という名前かは忘れたけど、味が付いていないのに、
やたらと大きく、確かにおなかいっぱいになる。
ちょっと残しちゃった。
お持ち帰り。

あと、まともなレストランでは、普通の中華レストラン。
台湾の中華料理はおいしい。
日本人好みの中華料理に仕上がっているんだね。

シュウマイも食べた。
レストランの中で、シュウマイや料理をのせたワゴンが行き交っていて、
ワゴンを呼んで、料理を選ぶ。
本当のシュウマイのお店はこうなのだそうだ。
日本人が大好きな小龍包も食べて、おすすめのシュウマイも食べて。
シュウマイは、大きくて、色とりどり。
日本のシュウマイ(崎陽軒?)とはずいぶんと違います。

そんなこんなで4泊5日。
全く台北の市街地や観光地に足を運ばずに、
郊外のハイテクパークで過ごした、
もったいない出張でした。
出かけたのは、レストランがあるハイテクパーク横のデパートと、
その横のカルフールくらい。
あと、ホテルの近くを散策したけど、何も無かった。。。

今度は観光に行って、台北101に登って、レストランでうまい物をいっぱい食べたいな。

★今日の北京語(読み方は嘘かも)
超おいしい!→超好吃(ちゃおはおちぃ)
↑中国でも若者が超~と使うそうな。

ごちそうさま→谢谢招待(しぇしぇしゃおちー)
↑特にごちそうさまに相当する挨拶は無いらしい。強いて言うならこれだそうだ。
[PR]
by isoq | 2006-07-05 01:39 | 旅行日記
e87.com(千趣会イイハナ) 花を贈るなら日比谷花壇

生まれた

ここ最近は、とんと日記をさぼっておりました。
いろいろと仕事が忙しかったりして。
その間にいろいろありました。

続きを読む(><)
[PR]
by isoq | 2006-07-05 01:07 | 日記
e87.com(千趣会イイハナ) 花を贈るなら日比谷花壇