<   2005年 03月 ( 63 )   > この月の画像一覧

e87.com(千趣会イイハナ) 花を贈るなら日比谷花壇

ゲーム:甲虫王者ムシキング ~グレイテストチャンピオンへの道~:ゲームボーイアドバンス発売日決定!

ゲームボーイアドバンス版のゲーム 『甲虫王者ムシキング ~グレイテストチャンピオンへの道~』 の発売日が決定しましたね。
2005年6月23日発売だそうです。

うちも予約がスタートしたらすぐに予約を入れようと思って、予約サイトをチェックしていますが、まだどこも予約開始していないですね。

うちはゲームキューブとゲームボーイプレーヤで、TVで子供達にやらせる予定です。
GBAとかDSとかありますけど、小さい画面で近づいてやっていると、絶対に目が悪くなる気がします。
TVだったら、私も1日8時間くらいのゲーム生活でしたが、視力は2.0でした。
最近は落ちてきましたが。

そういえば、アニメも始まりますし。
これからも、ムシキング人気は続きそうですね。
[PR]
by isoq | 2005-03-31 23:52 | 子供のこと
e87.com(千趣会イイハナ) 花を贈るなら日比谷花壇

コートが戻りました

まだまだ雪深く、凍える越後湯沢の在来線から新幹線への乗り換え改札。
目前まで行くと、窓口の所で、私のコートを持っている駅員さんが!
声をかけようと近づいていくと、その駅員さんが構内アナウンスを始めました。

「黒部からお越しのぉ~、あいそび様ぁ~」×1.5

確かに黒部から帰ってきましたけど、横浜在住ですよ~
なんとか無事にコートを受け取れました (^^)
黒部の駅長さん・駅員さんにもう一度感謝。
これぞ旅の醍醐味ですか?

帰りはMaxときで、東京へ。
1時間20分。
越後湯沢って、意外と近いな。
[PR]
by isoq | 2005-03-31 20:45 | 旅行日記
e87.com(千趣会イイハナ) 花を贈るなら日比谷花壇

コート

黒部に着いた時、コートをはくたかの中に忘れてしまった(T_T)

駅員さんに相談したところ、電話で確認してもらったんですが、電車を降りてすぐだったから、当然まだ発見されていない。
特徴を話して探してもらうことに。
幸運にも、外は晴れてきて、暖かい。
良かった~。ちょっと幸せ。

仕事を終えて、黒部駅に戻る。
夕方5時。
さっきまで、あんなに良い天気で、暖かかったのがうそのよう。
冷たい風が身に染みる。
しかも、突然の雨に (;_;)

駅で聞くと、まだ見つかっていないとのこと。
そのとき、突然電話が鳴る。
駅長さんが何やら話している。
どうやら見つかったもよう。
ただ、問題は時間だ。
越後湯沢で新幹線に乗り換えるが、時間が11分しかない。
預かり所まで取りに行く余裕はない。
駅長さんが交渉してくれて、特急と新幹線の乗り換え改札で受け取れることになった。

黒部駅の駅長さん、駅員さん、本当にありがとうございました。
本当に助かりました。(^^)
[PR]
by isoq | 2005-03-31 19:18 | 旅行日記
e87.com(千趣会イイハナ) 花を贈るなら日比谷花壇

黒部へ

富山から黒部へ。
黒部が最終目的地。
日帰りだけどね。
[PR]
by isoq | 2005-03-31 16:03 | 旅行日記
e87.com(千趣会イイハナ) 花を贈るなら日比谷花壇

富山

a0002261_13331524.jpg

初富山です。
路面電車が走ってるんですね~
[PR]
by isoq | 2005-03-31 13:33 | 旅行日記
e87.com(千趣会イイハナ) 花を贈るなら日比谷花壇

特急しらさぎ

a0002261_1236593.jpg

福井で午前中の仕事を終え、特急しらさぎに乗って、富山へ向かっている。
午前中は雨が降っていて、寒かった~
東京は快晴で暖かいらしいですね~

こどもが電車が好きなので、新しいところに行って、珍しい電車を見るととりあえず、
写真を撮ります。
そして、カミさんのケータイへメールします。
日課ですね。
[PR]
by isoq | 2005-03-31 12:36 | 旅行日記
e87.com(千趣会イイハナ) 花を贈るなら日比谷花壇

西から上ったお日様が、東へ沈~む~。えっ!?本当?

私の実家は遠州地方にある。
静岡県西部地方だ。
家は海岸から1キロも離れていない。
だから、小さい頃からよく海に遊びに行った。
近くの海岸は遠州灘と呼ばれる遠浅の浜辺で、本来なら湘南に次ぐ海水浴スポットとなるはずだが、サーフィン用語でカレントと呼ばれるような沖へ向かう強い水流が起こることがある。
地元ではドブと呼ばれている。

海底の地形が原因で、横に長く続く瀬の向こう側から打ち寄せた波が、1か所の瀬の切れ目の海底から沖に戻る、ものすごい激しいカレントだ。
水面からは、その流れは見て取れない。

波打ち際で遊んでいると、いつの間にか少しづつ横に流されて行き、ある時突然足を取られて、水中に引き込まれる。
一旦ドブにはまると、サーフボードなしで、岸に帰り着くのは不可能。
岸に向かってもがいても、どんどん離れて行き、力尽きる。

海底の砂地は、水流によって刻々と地形を変えていて、いままで何もなかったところに、急に現れることもある。

そのため、遠州灘一帯は遊泳禁止になっている。

脱線したが、
そんなところで生まれ育ったので、小さい頃から『海は南だ!』と刷り込まれている。

日本海に来ても、海を見ると南だと思ってしまう。
自分では逆だと分かっていても、頭の奥深くでは、海が南が染み付いている。
だから、私の感覚では、日本海側の太陽は西から昇る。

そんな私はバカボン?


最近、遠州灘の砂浜が減って来た。
以前は防砂林から100m以上あった砂浜も、今では半分も無くなってしまった。
(海がどんどん近くなっている感じ。)
地球の温暖化で海面が上昇して、、、ではなく、近に出来た堤防のおかげで、
潮の流れが変わってしまったためらしい。
砂浜が無くなる日も遠くないかもしれない。
寂しいことです。
[PR]
by isoq | 2005-03-31 12:31 | 旅行日記
e87.com(千趣会イイハナ) 花を贈るなら日比谷花壇

小松空港に到着

出張で、福井~富山~黒部経由日帰りの旅です。
福井(?)の小松空港に到着しました。
a0002261_974098.jpg

心配していた雪はない。良かった~
もう4月だしね。
まずは第一目標の福井駅へ。
バスで1時間の旅。
[PR]
by isoq | 2005-03-31 09:07 | 旅行日記
e87.com(千趣会イイハナ) 花を贈るなら日比谷花壇

明日は富山へ出張です

朝6時8分の電車で出発しないといけないのですが、
今頃こんなことをしていて良いのか!?
寝よっと。
[PR]
by isoq | 2005-03-31 01:30 | 日記
e87.com(千趣会イイハナ) 花を贈るなら日比谷花壇

Visual Studio 7(.NET 2003) のワークスペース・プロジェクトから VSS の参照設定を削除する方法

Visual Studio .NET2003 は、Visual Source Safe というコースコード管理プログラムと密接に連携して、ソースコードの管理を容易化複雑化している。
ソースコードの管理とは、任意のタイミングでソースコードのバックアップを取り、後から任意の時点のソースコードを復元できるようにする機能のこと。
これで、バグを埋め込んでしまった場合に、バグの発生以前のソースコードと比較したりして便利に使える。

が、使い方が難しく、複雑で難解で挙動不審であるため、一旦登録してしまったのをキャンセルしたいことが多々ある。
しかし、Visual StudioのGUIから登録してしまうと、その登録情報がプロジェクトやソリューションの内部データとして記憶されてしまうため、後戻りが出来なくなってしまう。
事実、GUI上から別のVSSに変えたり、VSSのデータベースが無くなってしまった場合に別のVSSに乗り換えたりすることが出来ない。

ここでは、VS.NETのワークスペースファイルをテキストエディタで修正する事で、設定情報を全てクリアしてしまおうという趣旨。

まず、ソリューションから、次の太字を削除。
結構長いです。
Global
  GlobalSection(SourceCodeControl) = preSolution
    SccNumberOfProjects = 3
    SccLocalPath0 = .
    CanCheckoutShared = false
    ...
    SccProjectFilePathRelativizedFromConnection2 = AAA\\
  EndGlobalSection

  GlobalSection(SolutionConfiguration) = preSolution
  ...


次にソリューションに含まれる全てのプロジェクトファイルから、以下の様な太字の部分を削除。
<?xml version="1.0" encoding="shift_jis"?>
<VisualStudioProject
  ProjectType="Visual C++"
  ...
  SccProjectName="&quot;$/XXX.root/YYY&quot;, CAAAAAAA"
  SccAuxPath=""
  SccLocalPath="..\..\.."

  ...


あとは、フォルダの中から、
.vspscc
.scc
の拡張子のファイルを全て削除。

これで、次にソリューションを開いたときには、VSSの事をすっかり忘れているはずです。
これで、何度もやり直すことが出来ますので、トライ&エラーでVSSの挙動をつかみましょう。

参照:Visual Studio 6 のワークスペース・プロジェクトから VSS の参照設定を削除する方法
[PR]
by isoq | 2005-03-30 17:51 | C/C++/Win32
e87.com(千趣会イイハナ) 花を贈るなら日比谷花壇