バイナリーSTLフォーマットファイルの読み込み

バイナリーのSTLファイルの読み込み方法を調べました。
(STLは、造形などに使われる三角形だけで作成された3次元モデル(CG)データのファイル形式)


STLファイルフォーマット からスクラップ:
バイナリフォーマット

* 構文

バイト数 データ型 データ内容
80 char[ ] 任意の文字列
4 unsigned int 三角形の枚数
- - 1つ目の三角形データ
4 float 三角形の法線ベクトルのX成分値
4 float 三角形の法線ベクトルのY成分値
4 float 三角形の法線ベクトルのZ成分値
4 float 三角形の1点目の頂点のX座標値
4 float 三角形の1点目の頂点のY座標値
4 float 三角形の1点目の頂点のZ座標値
4 float 三角形の2点目の頂点のX座標値
4 float 三角形の2点目の頂点のY座標値
4 float 三角形の2点目の頂点のZ座標値
4 float 三角形の3点目の頂点のX座標値
4 float 三角形の3点目の頂点のY座標値
4 float 三角形の3点目の頂点のZ座標値
2 - 未使用データ
- - 2つ目の三角形データ
4 float 三角形の法線ベクトルのX成分値
4 float 三角形の法線ベクトルのY成分値
4 float 三角形の法線ベクトルのZ成分値
4 float 三角形の1点目の頂点のX座標値
4 float 三角形の1点目の頂点のY座標値
4 float 三角形の1点目の頂点のZ座標値
4 float 三角形の2点目の頂点のX座標値
4 float 三角形の2点目の頂点のY座標値
4 float 三角形の2点目の頂点のZ座標値
4 float 三角形の3点目の頂点のX座標値
4 float 三角形の3点目の頂点のY座標値
4 float 三角形の3点目の頂点のZ座標値
2 - 未使用データ
・・・ - (三角形の法線ベクトルのX成分値から未使用データまでを1枚の三角形データとして三角形枚数分のデータが続く)


VC で C言語、C++互換で書くと、こんな感じかな。

typedef struct tagSTL_FILE_HEADER
{
    char comment[80];                    // オブジェクト名
    unsigned int numberOfTriangles;        // トライアングル数
} STL_FILE_HEADER, *LP_STL_FILE_HEADER;

#pragma pack(push,1)
typedef struct tagSTL_TRIANGLE_ENTRY
{
    float n[3];                            // 三角形の法線ベクトルのXYZ成分値
    float v1[3];                        // 三角形の1点目の頂点のXYZ座標値
    float v2[3];                        // 三角形の2点目の頂点のXYZ座標値
    float v3[3];                        // 三角形の3点目の頂点のXYZ座標値
    unsigned short reserved;            // 未使用データ
} STL_TRIANGLE_ENTRY, *LP_STL_TRIANGLE_ENTRYR;
#pragma pack(pop)

構造体のアラインメントを正しくセットしないと、読んでいくうちにずれちゃう。
この場合は、ズレを考慮して1トライアングルづつ読み込む事も不可能ではないけど、
ディスクアクセスの効率を考えたら、動的メモリ確保で作った配列を使用して、
まとめ読みした方が確実に早いので、その場合は、アラインメントの調整は必須。
(その分メモリを多く要するけど、最近はメモリがたくさん載っている事が多いから、、、)




[PR]
by isoq | 2009-11-01 02:54 | C/C++/Win32
e87.com(千趣会イイハナ) 花を贈るなら日比谷花壇
<< USB Vitualizati... いかん!Lenovo X200... >>