Windowsのタスクスケジューラをプログラムから設定する

ITaskScheduler (COM)
NetScheduleJobAdd (Win32)
Win32_ScheduledJob (WMI)

引用:
API が COM で公開されている以上、COM に関する基本的な知識が必要です。
それが無ければ、IDE の力も借りられない状態では手も足も出ません。

ヘルプからだと読み取りにくいかもしれませんが、「参照設定」できない COM オブジェクトは、以下の手順で利用します。

・使用するインターフェースを自分の使う言語用に書き下ろす。
・CoCreateInstance() API により、使用する COM オブジェクトのインスタンスを生成する。
・オブジェクトインスタンスの参照をインターフェースでキャストし、必要なメソッドを呼び出す。


参考ページ:【C#】C#アプリからによるタスク登録の自動化について - Insider.NET



6/17 追加:
CodeGuru: Basic class for using the Microsoft Task Scheduler
やりたい事は、これそのまま。
ちょっと改造すると、分刻みに繰り返し実行も出来るようになる。
キーワード:ITask, IScheduledWorkItem, TASK_TRIGGER structure, ITaskTrigger
[PR]
by isoq | 2008-06-16 18:45 | C/C++/Win32
e87.com(千趣会イイハナ) 花を贈るなら日比谷花壇
<< デルコンピュータのWeb割引の秘密2 ストアドプロシージャのアップデート >>