Windows Vistaのドライバ開発について調べ物


とある事情で、Windows Vistaのデバイスドライバの開発方法を調べています。

最初に手に取ったのは、Windows Vista カーネルソフトウェア 開発技法という書籍です。ドライバ開発にDDKを使用することは知っていましたし、MSDNのCD群に含まれていたのも知っていましたが、いままでは自分には関係のない物でした ^^;

DDKには、必要なドキュメントからコンパイラまで含まれています。これ1つでも、ドライバ開発を始められそうだったのですが、やっぱり、膨大なドキュメントに埋もれて出発するのはちょっとつらいので、書籍に頼ることにしました。

とはいえ、まずは、DDKを入手する必要があります。
この書籍では、MSDNで手に入れるか、別途購入すると書いてありましたが、MSDNは現在期限切れで更新していないのでした。。。

MicrosoftのHPを探してみると、無料で配布していることがわかりました。(Windows Driver Kit と Windows Logo Kit について)
Microsoft Connect のサイトに無償登録することで、各種の会員制プログラムを利用可能になります。その中の1つに、DDK(WDK)が含まれています。

とりあえず、ダウンロードを開始したものの、ファイルサイズは2GB超!!!
ダウンロードソフトは、後5時間かかると言っています。
こりゃ、今日は無理だな。。。

今日のところは、書籍で予習しときます。

あと、Microsoftのサイトで、ドライバ開発の参考になりそうなサイトがありました。

Windows Vista のドライバ開発

内容的には、開発手法そのものではなく、各種ドライバ・カーネルソフトウェア開発における注意点や、Windows Vistaの仕様などのドキュメントへのリンクをまとめた物のようです。
基本的な所には目を通しておく必要がありそう。
[PR]
by isoq | 2007-10-27 00:58 | C/C++/Win32
e87.com(千趣会イイハナ) 花を贈るなら日比谷花壇
<< 子供の教材のこと 開発用PCを再インストールした... >>