VS.NET の 正規表現で、文字列を _T() マクロで囲む

正規表現って覚えると便利だけど、処理系によって構文が違うのを何とかしてほしい。。。

古いコードを再利用するときに、UNICODEに対応していなくて手作業で _T() マクロを入れるのが面倒なので、一気に置換したいと思い、正規表現を利用してみました。

検索する文字列:{\".@\"}
置換後の文字列:_T(\1)


{} … ラベル
\" … ダブルコーテーション
. … 任意の1文字
@ … 0文字以上の最短の繰り返し
\1 … 1個目のラベルの内容

#include "manuke.h"

が、

#include _T("manuke.h")

になってしまう。。。

うーん、これでは、1つづつ確認しながら置換するしかないですな。
手動で_T()を入れるよりはずいぶん楽だけど、、、(^^;)
[PR]
by isoq | 2006-01-04 14:24 | C/C++/Win32
e87.com(千趣会イイハナ) 花を贈るなら日比谷花壇
<< 年末年始の出来事 ~あれ買っち... あけおめでよろしく! >>