MFC部品のプラグイン化

MFC部品のプラグイン化に挑戦中。
たとえば、ある機能を実装しているDLLにCToolBarをエクスポートさせ、それをメインのアプリに表示させて、それをDLLの実装への入り口にする、ってかんじ。

単純にDLL内で作成したCToolBarのポインタをメインに返すようにしてもだめだよって、MSDNのどこかに書いてあったけど、本当かどうかとりあえず手当たり次第に試してみることにした。

が、これがなかなかうまくいかない。
単純にDLL内のダイアログをDLLの関数の中で表示させるのにも、MFCのライブラリをスタティックリンクしないといけない。
共有DLLを使用すると、DLL内の関数の中でも、メインアプリのリソースを参照してしまって、DLLのリソースが見つからない状態になってしまう。

MFCじゃなきゃ簡単に出来そうなのにな~。
[PR]
by isoq | 2004-02-19 04:08 | C/C++/Win32
e87.com(千趣会イイハナ) 花を贈るなら日比谷花壇
<< MFC部品のプラグイン化 その2~ モンティホールジレンマ >>