CL.EXEが固まる問題が解消!

どうやら、環境変数の問題だったみたい。
(追記)↑じゃなかったみたい。
(さらに追記:本当の理由は→何回解決すれば終わるんだ!?またまた解決!CL.EXEのフリーズ問題 を参照のこと。)

環境変数を確認してみると、次のような変数が登録されていた。
INCLUDE=C:\Program Files\Microsoft Visual Studio .NET 2003\SDK\v1.1\include\
LIB=C:\Program Files\Microsoft Visual Studio .NET 2003\SDK\v1.1\Lib\

怪しいな、、、と思い、コマンドラインから、それらを削除してから、同じコマンドラインからVCを起動して、プロジェクトをビルドしてみた。
>set INCLUDE=
>set LIB=
>"C:\Program Files\Microsoft Visual Studio\Common\MSDev98\Bin\MSDEV.EXE"

すると、まともにコンパイルが通るようになった。(追記)なってなかったみたい。。。(;_;)

コマンドラインから、環境変数を変更しても、システムの大元に登録されている環境変数は変わらない。
これは、環境変数をいろいろごちゃごちゃやってみて、動作の確認したりするには便利。

だから、システムのプロパティから改めて環境変数を変更する必要がある。
システムのプロパティから環境変数を変更しても、すでに動いているソフトやそのソフト(ランチャとか)から起動したソフトは、古い環境変数を使うことになる。
だから、ログオフ/ログオンのやり直しをした方が確実。
ではやってみます。
[PR]
by isoq | 2005-09-27 13:17 | C/C++/Win32
e87.com(千趣会イイハナ) 花を贈るなら日比谷花壇
<< やっと解決!VCのCL.EXE... 開発環境・OSを再インストール... >>