Visual Studio 6 のワークスペース・プロジェクトから VSS の参照設定を削除する方法

Visual Studio 6 のIDEからVSSを使用すると、間違って変な名前のプロジェクトとして登録されてしまうことがあります。
一度VSSに登録してしまうと、ワークスペースファイルやプロジェクトファイル内にリンク情報が書き込まれてしまって、VSSエクスプローラでVSSデータベースを修正した場合もエラーなどが発生してしまって、うまく接続できない状態になってしまったりします。
そんなとき、最初からやり直そうにも、既に記録されている情報が邪魔して、リンクをし直すことが出来ません。

以下の手順で、VSS情報を削除して、最初の状態からやり直すことが出来ます。

1.ワークスペースフォルダ内の .sccファイルを全て削除します。
検索してまとめて削除しちゃいましょう。

2.ワークスペースファイルをテキストエディタで開き、次の太字下線のような数行を削除します。
...
Package=<5>
{{{
begin source code control
"$/Project/SubProject", VGBAAAAA
.
end source code control

}}}
...


3.プロジェクトファイルをテキストエディタで開き、次の太字下線のような数行を削除します。
...
# Begin Project
# PROP AllowPerConfigDependencies 0
# PROP Scc_ProjName ""$/Project/SubProject", YIBAAAAA"
# PROP Scc_LocalPath "."

CPP=cl.exe
MTL=midl.exe
...


これで、晴れて初期状態に戻りました。
何度か、初期状態に戻して試してみると、VSSやVisual Studioがどのようにプロジェクトを登録するかが、分かってきます。
なれるまでは何度もこの手順をやる羽目になりました。

---
VSS=Visual Source Safe(ソースファイルのバージョン管理ソフト)
[PR]
by isoq | 2005-03-23 17:48 | C/C++/Win32
e87.com(千趣会イイハナ) 花を贈るなら日比谷花壇
<< 休みとりました 欠勤事由 >>