MFCのアクティブ アクセッシビリティについて

アクティブ アクセッシビリティについて、それが何だったのか忘れて、
3回もWebで検索してしまったので、4回目が内容に、ここに記録。

Active Accessibility を使用すると、ソフトウェア開発者はプログラムのユーザー補助機能との互換性を高めることができ、ユーザー補助機能の開発者はより信頼性の高い補助機能を開発できます。
(中略)
Active Accessibility には、ユーザー補助機能によってユーザー インターフェイス要素の情報を取得したり、プログラムによってその情報を補助機能に公開したりするための標準的な方法が用意されています。たとえば、Active Accessibility には以下のような個別の情報があります。

出典: Microsoft - MSDN

使わないはずだけど、忘れちゃうと、何だったのか気になる。
[PR]
by isoq | 2005-02-17 18:41 | C/C++/Win32
e87.com(千趣会イイハナ) 花を贈るなら日比谷花壇
<< ワークステーション 30×2+16+8=84ロシェ >>